久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ラーメン藤 京都本店@京都市南区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
『ラーメン藤 京都本店』でございます!!

店舗情報

お店:ラーメン藤 京都本店
場所:京都府京都市南区東九条南石田町111-1
営業時間:10:00~22:00 第2水曜 11:00~17:00
定休日:木曜日
久世のオススメ
特製ラーメン 950円

スポンサーリンク

メニュー

2021年7月現在のメニューはこのようになっております。

特製ラーメン

創業1972年と、こちらも約50年の歴史を持つお店。
本店は近藤製麺直営のお店として営業され、関西、北陸合わせて21店舗のチェーン展開もされています。
メニューを眺めてなんとなく『特製ラーメン』を頂くことにしました。

到着したのは、とにかく全てのボリュームが増しました!という感じの『特製ラーメン』。
たっぷりのネギ、もやしの下にたくさんのチャーシューが隠れていて、メンマも増量されています。

スープは豚骨清湯の醤油スープで、じんわりと広がる旨味は、これまで重ねて来た歴史と王道京都ラーメンの力強さを感じさせます。

麺は中細のストレート麺で確かな歯応えのある麺。
製麺所直営のラーメン店ということで、しっかり麺が存在感を出す一杯です。
特製する事で自動的に麺が増えているのかは初訪問なので分かりませんでした。

卓上には京都ラーメンと言えばの辛味噌、一味唐辛子、お酢も用意されています。

途中から辛味噌を加えることで、より一層上手くなるんですよね!
ボリューム麺をズルズルと高速で食べ進め、最後の最後はお酢をひと回ししてフィニッシュ。
「新福菜館」「第一旭」「ますたに」「天天有」などとともに京都ラーメンの歴史を知るなら押さえておきたいお店です。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2021 All Rights Reserved.