久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

二代目 麺処 くるり@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
二代目 麺処 くるりでございます!!

店舗情報

お店:二代目 麺処 くるり
場所:岡山県岡山市北区伊島北町1-3
営業時間:11:00~14:30
※しばらく夜営業はしないとのこと
定休日:不定休※店主さんのTwitterで確認
久世のオススメ
みそらぁめん 880円
チャーシュー丼 320円

スポンサーリンク

メニュー

みそらぁめん 880円
味玉みそらぁめん 980円
特製みそらぁめん 1080円
※各種大盛りは50円増し
白髪ネギ増し メンマ 味玉 各100円
チャーシュー丼 320円
ごはん 150円 ごはん(小)100円
黒烏龍茶 200円

2020年7月現在のメニューはこのようになっております。
店内はラーメン写真以外撮影禁止のため文字にしました。

みそらぁめん&チャーシュー丼

オープンは2019年11月。
岡山市でラーメン店の新店ラッシュが続いた頃でした。
11/12 二代目 麺処くるり
11/13 とりそばトシゾー
11/14 僕家のらーめん おえかき hanare岡山店
11/19 尾道らーめん燈 岡山本店
12/3 中華そばふじ井
12/3 麺屋はやぶさ岡山店
他のお店は全てまわり、いよいよという時、1度は臨時休業情報を見逃し撃沈。
12月にはHIKAKIN&SEIKINさんが訪れたことで大きな話題となり一時は2時間まで待ち時間が増加。
さらに新型コロナ…と、とにかく縁がなかったのです。
そこで…意を決して岡山駅からバスに乗り、本日、初訪問して来ました。
11:30で外待ちは16人、店内には8人ほど待ちがありました。
『みそらぁめん』と『チャーシュー丼』を券売機で購入。並び初めから、着丼までかかった時間は50分。

まず到着した『みそらぁめん』。
東京・市ヶ谷で2003年から2015年まで大人気だった濃厚味噌専門のお店「麺処くるり」。
そこに通い続けた常連さんが、その初期の味・レシピを店主から継承。
屋号も継承し、「二代目」として岡山でオープンしたという経緯があります。

たっぷりの白髪ネギ、もやし、ニラに炙りと黒胡椒が散りばめられた肉厚チャーシューが2枚。

スポンサーリンク

スープは濃厚で深みと甘味のある味噌スープ。
豚骨、鶏ガラ、もみじを8時間以上かけて煮込んだ動物系ベースに信州の白みそ、山吹味噌が融合したスープは、鶏豚スープのとろみと味噌の旨味、甘みが双方に主張。
濃厚なのにどんどん進む丸みある口あたりが印象的です。

麺は東京・菅野製麺所の平打ち太麺を使用。
やや縮れが入った麺は少し柔らかめに仕上げられ、濃厚味噌スープをよく持ち上げてくれます。
麺量は定かではありませんが、東京らしくノーマルでかなりのボリュームを感じました。

チャーシュー丼は、炙りを加えたものが半分とノーマルで半分の彩りチャーシューが主役。
ご飯の量に対してこんなに?というほどの肉量です。少し濃い味に仕上げられたチャーシューとごはんの間違いない一品。
麺だけでかなりのボリュームがあったので、腹パンでの完食となりました。
話題性に富んだお店は、それだけではなく確かな味の実力店。
通い続けたお客さんが、強い想いでその味を継承したというラーメン愛も感じるお店でした。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.