久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

僕家のらーめん おえかきHanare@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
僕家のらーめん おえかきHanareでございます!!

店舗情報

お店:僕家のらーめん おえかきHanare
場所:岡山県岡山市北区駅前町1-8-18イコットニコット1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし※イコットニコットに準じる
久世のオススメ
濁まるラーメン 1000円
おえかきごはん 200円

スポンサーリンク

イコニコラーメンパーク

2018年12月にオープンしたイコットニコットに、
同時オープンしたのがイコニコラーメンパーク。
全国各地の4店が出店し、定期的にお店が一新されています。

メニュー

2019年11月現在のメニューはこのようになっております。

【Twitter限定】濃出汁背脂煮干し&豚鬼飯(背脂飯)セット

オープン以来2度目の訪問となりました。
レギュラーメニューのクオリティの高さも評判ですが、
Twitterを見た人しか食べられない限定メニューも人気。
Twitter限定「はなれのハイパーつけ麺」も気になったのですが、
「濃出汁背脂煮干し&豚鬼飯(背脂飯)セット」は見逃せませんでした。

券売機には何も書いていないので、あたらめてスマホを確認しながら
「Twitter限定2」のボタンを押しました。

到着したのは、重厚感とオリジナリティがあふれるセット。

まずは「濃出汁背脂煮干し」ラーメンから。
豚レアチャーシューに鶏チャーシュー、
アーリーオニオン、カイワレとたっぷりの背脂。

スープは粘度は高くないものの煮干がギュッと詰まった濃スープ。
伊吹島の高級いりこをこれでもかと使ったスープで、
サラリとしたスープの中に煮干しが大凝縮されていました。

そのスープに合わさるのは加水率の高い細麺。
加水率低めのパッツン系も合うと思うのですが、こちらもなかなか。
背脂と合わさることでまた新たな旨味も加わり、
一滴も残すことなく完食となりました。

そしてこちらが「豚鬼飯」。
表面に見えるのは角切りレアチャーシュー、
青ネギ、玉ねぎにたっぷりの魚粉ですが、
チャーシューとご飯の間に背脂が適量乗せられているのです。
これがまた…美味い!!
具材だけで間違いないのですが、適度な背脂が…いい仕事してます!
店内には書かれていないTwitter限定。
独占感があり、なんかイイもんですね!
またTwitter限定メニューも追いかけていきます。
そのTwitterアカウントはこちらです!!

スポンサーリンク

濁まるラーメン&おえかきごはん

定期的にお店が入れ替わるイコニコラーメンパーク。
10月30日で「博多新風」さんが卒業され、
今日、11月14日に注目の新店がオープン。
それが「僕家のらーめん おえかきHanare」さん。
京都の名店「あっぱれ屋」出身で浜松で大人気の
「おえかき」さんの2号店は、なんと岡山でオープン!
オープン初日の開店直後に訪問させてもらいました。
注文は「濁まるラーメン」と「おえかきごはん」を。

注目店のオープン直後ということで、かなりのお客さんが来ていて、
それなりに待ち時間を経ての出来上がりの呼び出し。
見ているだけで幸せなセットの到着となりました。

こちらが「濁まるラーメン」。
色鮮やかな青ネギと半分ゆで玉子。

そしれあっぱれ屋といえばという
色鮮やかなピンクチャーシューと、どでかいメンマが印象的。

これって…メンマで合ってますよね?
と確認したくなるほど大きなメンマでした。

スープはあっぱれ屋出身というのがダイレクトに伝わる泡泡仕上げ。
この「濁まる」というのは「ふわまるラーメン」スープの2倍の濃度。
塩味なのですが、その塩は瀬戸内の塩とほかの5種がブレンドされたもの。
濃厚ながらふわっとした仕上がりの豚骨魚介スープは、旨いと唸る仕上がり。

そして、その濃厚泡スープに絡むのは自家製麺所で作られた平打ち太麺。
加水率高めで、もちもちした食感の楽しめる麺には、
持ち上げるだけで濃厚スープが持ち上がります。
麺量は普通と大盛りで値段が変わらないので、今回は大盛りにしました。

ちなみに受け取りカウンターには味変用のオイルがあるのですが、
最初から入れることはおススメしません。
かなり大きく味が変わるので、3分の2ほどは元の美味しさを堪能してから、
味の変化っぷりを楽しんでみてください。

さらにこちらが「おえかきごはん」。
これはバター風味の炊き込みご飯で、かなり薄味に仕上げられています。
噛むことでじんわり広がる風味を楽しんだ後は、
残ったスープと交互に楽しむことで旨さがアップしました。
浜松の「おえかき」さんは遠くてまだ訪問できていなかったのですが、
まさか岡山の駅前で出会えるとは思ってませんでした。
これから岡山の方にどんなインパクトを与えてくれるのか楽しみです!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.