久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華そば ふじ井@岡山市北区

2019/12/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
中華そば ふじ井でございます!!

店舗情報

お店:中華そば ふじ井
場所:岡山県岡山市北区内山下1-9-3
営業時間:10:30~14:30 16:30~19:30
定休日:日曜日
久世のオススメ
並 700円

スポンサーリンク

メニュー

2019年12月現在のメニューはこのようになっております。

11月から新店ラッシュが続く岡山ラーメン界。
12月3日、内山下に笠岡ラーメンの新店がオープンしました。
笠岡の名店「中華そば坂本」出身の方の独立店で、
フレンチシェフが手掛ける笠岡ラーメンということで、
オープン前から注目されていました。
店に入り券売機を見て、そのメニューの一本気さに驚き。
デフォルトの「並」を頂くことにしました。

ほどなくして到着したのは、シンプルな構成のザ・笠岡ラーメン。
浅めで直径大きめの器というのが印象的でした。
トッピングには、太めのメンマが3本と独特の切り方のネギ…かな?

そして笠岡ラーメンと言えばの鶏チャーシュー。
親鶏ならでは食感と、かしわをブレンドした醤油で煮込まれた
じんわりとした味わいがありました。

そして何と言っても存在感を示したのがこのスープ。
醤油は全く主張せず、ひと口飲めば広がる「鶏」感。
親鶏を羽釜でじっくり煮込んだというスープは、鶏油の存在感が抜群。
カエシには親鶏を煮込んだ醤油を使用ということで
これほどまでに鶏を感じるスープになるんですね!

麺はストレートの細麺を採用。
笠岡の丸新麺業のもので麺のしっかりとした食感を感じ、
スープを泳ぐような一体感を見せてくれます。
並でもしっかりと麺量があり満腹感を得ながら、最後の一滴までスープを楽しみフィニッシュ。
「坂本」系譜の間違いのない笠岡ラーメンですが、
随所にフレンチシェフが生み出すこだわりと繊細さを感じました。
昼のピークを過ぎても続々とお客さんが訪れていたお店。
また伺いたいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

Comment

  1. ひろぽん より:

    大阪の芦原町にある中華そばふじいのかしわそばと
    岡山の中華そばふじ井のラーメンが無茶苦茶似ていたのだけど
    やっぱり姉妹店なのだろうか?

    • 久世 サトシ より:

      「ふじ井」さんは笠岡の名店「坂本」出身の方なので違うと思われます。「笠岡ラーメン」という共通点でしょうね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.