久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

清麺屋@大阪市浪速区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
清麺屋でございます!!

店舗情報

お店:清麺屋
場所:大阪市浪速区日本橋西1-4-8
営業時間:11:00~16:00 18:00~20:30L.O
※水曜日のみ夜営業なし
定休日:不定休※臨時休業もあるので詳しくは店主のブログ をチェック
久世のオススメ
鶏もつつけ麺 830円
女将雑炊(つけ麺後のみ) 180円
鶏と鯛の塩そば 750円

スポンサーリンク

鶏もつつけ麺&女将雑炊 2018ver

1月11日ということで今宮戎へ残り福を求めて。
その前に今年まだ訪問できていなかった清麺屋さんへ。
昨年2月に移転オープンしてから、まもなく1年が経とうとしています。

現在のメニューと価格はこのようになっております。
僕の注文は鶏もつつけ麺と、締めの女将雑炊を。

相変わらずお上品で食欲そそるビジュアル。
特に麺の盛り付けに繊細さを感じますよね。
鶏、魚介、野菜の旨味たっぷりスープの中には、
これまたたっぷりと鶏もつが入っております。

やや平打ちの美しい中太麺は、つけ汁につけるというより、
潜らせる、泳がせるという感覚でいただきます。
水菜とすだちで少し変化をつけながら、すぐに完食。

でも清麺屋さんにはここからの大きな楽しみが。
残ったスープで作られる女将雑炊。
スープ割りが一般的な中、秀逸な締めですね。

鶏と鯛の塩そば 2018ver

そしてこちらが同行者の注文した「鶏と鯛の塩そば」。
こちらも相変わらずの美しい見た目です。
1枚モノの大ぶりレアチャーシューと一味の赤。
そこにネギと水菜の緑が合わさり絶妙なコントラスト。
一口スープを飲めば清湯ながらしっかりと広がる旨味。

麺は全粒粉が見えるストレートの中細麺。
加水率が高めでプリプリとした食感が印象的ですね。
こちらもスープの最後の一滴まで楽しみました。
オタロードに移転オープンしてまもなく1年。
付近には麺屋さんも激増していますが、
まわりのお店はガッツリ系がほとんど。
そんな中、キラリと異彩を放つお店になっておりました。

スポンサーリンク

一八さん家の特濃つけ麺

なんばポンバシらーめん俱楽部のイベント、
インスパイアの賛美~彩々大作戦も5巡目。
5月21日(日)から5月27日(土)までは清麺屋さんが担当。

去年は丈六さんをインスパイア麺でしたが、
今年は一八さんのインスパイアです。
その名も「一八さん家の特濃つけ麺」!!

清麺屋さんらしく美しい盛り付けながら、
一八さんの濃厚さがしっかり伝わってくるドロリスープ。

麺の上にはメンマと大ぶりのチャーシューが2枚。
通常であれば4枚分くらいの量ではないでしょうか?
そしてなんといっても真ん中のトマト&とろろ!!

豚足とモミジだけを長時間炊いたというドロリスープに、
さらにとろろのドロリとトマトの酸味が加わって、
しっかり粘度はあるのにクドくない極旨スープ。
そこに平打ちのツルツルモチモチ麺が加わり、
もうちょっと食べたいという気持ちのまま完食。
一八さんらしくもあり、
でもやっぱり清麺屋さんらしい一杯でした。

スポンサーリンク

鶏と鯛の塩そば

※2017年2月の訪問ブログです。
1月15日に旧店舗での営業を終了され移転先を探されていましたが、
かなり早く次のお店の場所が決定しました。
今度は堺筋よりも西側にやってきた清麺屋さん。
1月20日からオープンとなりますが、
それに先駆け1月18日に行われたレセプションにお声がけ頂き、
仕事の合間をみて訪問してまいりました。
魅力的なメニューが並んでおりますが、
今回はまだ未食だった「鶏と鯛の塩そば」を頂くことに。

着丼して、まず感じるゆずの香り。

そして、とても美しいので最後にとっておきたいけど、
熱が通ってしまう前に食してしまいたいレアチャーシュー。

鶏と鯛からとられた清湯スープは、
あっさりでありながらとてつもない存在感を見せておりました。

清湯スープに合わさるのは、全粒粉入りの中太麺。
これだけあっさりしていると麺がスープに勝ちそうなのですが、
ただあっさりしているだけではないスープの力で絶妙のバランス。
細かく刻まれた香味野菜と、ゆずの清涼感も最高でした。

旧店舗から堺筋を越えて西に350mほど移動してきた清麺屋さん。
これまでよりもアクセスが良くなり、
どのような躍進をされるのか楽しみです。

スポンサーリンク

※2017年1月に閉店した、旧店舗時代のブログです。
{DAA8048E-F4E6-4638-A478-76749C95736F:01}

鶏もつつけ麺と女将ぞうすい 2017ver

※2017年1月の訪問ブログです。

お店はもちろん、他のラーメン店やイベントでお会いして、
お話しするようになった清麺屋さん。
その清麺屋さんが2017年1月15日をもって現店舗での営業を辞められ、
移転先を探すとのことで1月3日に訪問してまいりました。

注文はかなり迷いましたが、
この場所で初めに食べたものをもう一度ということで
鶏ももつけ麺と女将ぞうすいの王道をチョイスしました。

相変わらず美しい麵の並び。
お盆や器も清麺屋さんならでは和のテイストで食欲をそそります。

お店のこだわりを眺めながら、麺をすすり、
このメニューの核となる鶏もつを確認。

最初に食べた時は、もつだけあってクセがあるのかなと思いましたが、
実にスープに合う旨いハツとハラミとキンカンの鶏もつ。

屋号のごとく清い麵に、旨味たっぷりのスープをくぐらせ、
あっという間に麵がなくなっていきます。
魚介と鶏と野菜から旨味と甘みのスープは、
絶妙な量が麵に絡んでくる粘度の仕上がりなのです。

そして最後は未食の女将ぞうすい!
極上スープにご飯と卵が加えられ熱々に仕上げられれば
そりゃ文句なしにウマいわけで。

なかなか場所の問題で苦労されたのかも知れませんが、
確実にリピーターを増やし続けられたお店でもあります。

今日は1月10日ということで十日戎のため今宮戎に行かれる方も多いはず。
そのえべっさんついでに立ち寄られる方も多いことでしょう。

まだ未訪問だという方は是非!!

スポンサーリンク

鶏もつつけ麺2015ver

※2015年のいつぞや…初回訪問時のブログです。
Facebookの関西ラーメン同好会の書き込みでチラホラ見るな~と思いながら、
どこにあるのか分からず未訪問だったお店。

2013年11月1日、日本橋と恵美須町の間、
堺筋から少し東に入ったところにオープンいたしました。

{9B13BBB7-8341-4510-813D-B0627D6283B0:01}

店外の看板から女将おすすめの鶏もつつけ麺をチョイス。

{E677C88D-7BC0-4BD3-BE9A-A21527B2694E:01}

「鶏もつ」と聞き慣れない単語に注目する前に、
やはり屋号の「清麺」に注目いたしました。

{E89FF947-BFEC-47AA-82E9-3A8D3A83EABC:01}

キラリと光るツヤツヤの麺に
途中からのアクセントとしてすだちがトッピング。

{DEFA69C5-FB7C-42C5-B12C-C45E04370ABF:01}

その麺に絡んでいくスープは魚介+鶏+野菜で作られています。
粘度はそこまで高くないまでも
しっかりと麺に絡みつく少し甘みを感じるスープ。

そしてもう1つの注目は鶏もつ。
なかには、ハツ、ハラミ、キンカンが入っております。
焼鳥屋にもよく訪れますが、キンカンは食べたことがない部位でした。

繊細なスープと麺とともに未体験の鶏もつにも出会える場所、
それが清麺屋さんです。

スポンサーリンク

ラーメン道~インスパイアの軌跡~丈六さん家の中華そば

※2016年6月の訪問です。
なんばポンバシらーめん倶楽部のイベント、
「ラーメン道~インスパイアの軌跡~」も6週目に突入。

今回は清麺屋さんが丈六さんをインスパイア!!
IMG_9533.jpg
その名も「丈六さん家の中華そば」!!
そして今回は麺大盛、肉増し、熟鮮たまご入りのスペシャルを。
このメニューには丈六さんでもおなじみの
○○スペシャルという名前がついておりますが、
それはお店でご確認いただければと思います。

IMG_8434.jpg

IMG_8735.jpg

大き目の青ネギの上から香る黒胡椒。
スペシャルならではのたっぷりのチャーシューと、大きな山芋!!

IMG_6435.jpg

茹で時間が結構かかるんですよ!とおっしゃられていた麺は、
中太のストレートで心地よいのどごし!!
丈六さんならではの、高井田醤油に、
清麺屋さんならではの少し甘みを感じるスープ。

このイベントはかなりの方が参加されていますが、
この麺のクオリティの高さにみなさん驚いていらっしゃいました。
わずか1週間のインスパイア麺、お見逃しなく!!

スポンサーリンク

清麺屋×無限コラボ とこ豚旨味らーめん

※2016年1月の訪問です。
2016年の麺初めは1月2日の清麺屋さんからスタート。

IMG_3681.jpg

2日と3日限定で提供されているのは、
清麺屋さんと無限さんのコラボレーションメニュー。
前回は鶏もつつけ麺を頂いていたので、
今回はとこ豚旨味らーめんをチョイスしました。

IMG_8412.jpg

スープに広がる背アブラも印象的な麺の登場。
チャーシュー、キクラゲ、モヤシ、煮卵、ネギがトッピング。
30代も後半を迎えようという頃、
背アブラたっぷりというのはキツいこともあるのですが、
こちらのスープはまさに旨味凝縮でしつこさ無し!!

IMG_9067.jpg

そこに絡んでいくのが無限さんの麺なのです!
やや平打ちになった中太麺が旨味凝縮スープに絡みます。

あっという間に麺がなくなり、スープの旨さを堪能していたら
すぐにスープを完飲していました。
このコラボメニューは明日まで。
2016年の麺生活がスタートしました。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.