久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

山系無双 烈火 パナンテ京阪天満橋店@大阪市中央区

2021/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
「山系無双 烈火 パナンテ京阪天満橋店」でございます!!

店舗情報

お店:山系無双 烈火 パナンテ京阪天満橋店
場所:大阪府大阪市中央区天満橋京町1-1 パナンテ京阪天満橋
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休
久世のおすすめ
山形ひっぱり混ぜそば 870円

スポンサーリンク

メニュー

2021年1月のメニューはこのようになっております。

山形ひっぱり混ぜそば&ゴリ唐2021ver

久々に天満橋まで行く用事があったので、通し営業のありがたさを感じながら、パナンテの烈火さんに訪問。
烈火さんといえばやはり『山形ひっぱり混ぜそば』。

そして卓上になんとも魅力的なメニューを発見し、ゴリ唐を追加注文。
ブログを書くに時に、2年半前と全く同じ注文をしていることにビックリしました。
人間って…変わらないものですね。

麺よりも先に到着したドデカ唐揚げをつまみながら到着を待ちます。

ほどなくして魅惑的なビジュアルの一杯が到着!
山形の県民食「ひっぱりうどん」を独自にアレンジした一杯。
サバのほぐし身、ひきわり納豆、辛味噌、ネギ、チャーシュー、卵黄、海苔のラインナップ。

写真を撮った後は、全ての具材を均等に混ぜ合わせて実食!!
混ぜた後のビジュアルはこんな感じになりますが…こうすることで旨いのです!

「まぜそば」というと、タレの力強さ、ニンニクのパンチ力を求めていくのですが、こちらのまぜそばはそれとは一線を画します!
サバ、納豆という和のテイストに、辛味噌の刺激が加わり、日本人で良かった味…と呼びたくなりますね!

そして…麺も美味いけど、これも抜群!というのが〆ご飯。
サバ身、納豆とご飯が合わないわけないです!!
他にはない、和を前面に押し出したクセになるまぜそば。
また定期的に頂きに参ります!!

スポンサーリンク

山形ひっぱり混ぜそば&ゴリ唐2018ver

※2018年9月の訪問ブログです。
昨年の訪問時には、このお店限定の「米沢らーめん」を頂きましたが、
「烈火」さんと言えば「山形ひっぱり混ぜそば」ということで、
たまたま天満橋駅に立ち寄った時に再訪問してきました。

山形名物の「ひっぱりうどん」を烈火さんが独自に進化させたもので、
サバの身、納豆、辛味噌、卵黄にネギ、海苔がたっぷりと。
これを思いっきりマゼマゼして頂きます。

これがまた他店では味わえない絶妙なウマさなんですよね。
たっぷりの具材をしっかりと麺に絡ませて、
どんどんと麺を食べ進め、残った具材とタレには〆ご飯。
この〆ご飯の美味しさも際立つ一杯です。

そしてカウンターで見つけたのが、「ゴリ唐」というメニュー。
去年訪れた時にはすでにあったのでしょうか?
から揚げ好きにとって1個100円は見逃せないお値段です。

そして到着したのは、思ったよりもビックサイズなから揚げ。
外側はしっかりと揚げられていてパリッとした歯ごたえが印象的。
1つじゃなくて、2個にすれば良かったと思うサイドメニュー。
豊中、城東とありますが、一番身近なお店なのでまた再訪です。

米沢らーめん

※2017年10月の訪問ブログです。
2017年3月21日にリニューアルオープンした
駅ナカショッピングモールのパナンテ京阪天満橋。
そこに誕生したのが、
豊中蒲生四丁目に続いての出店となった烈火さん。
オープンから半年ほど経ち、やっと訪問することが出来ました。

烈火さんと言えば、「山形ひっぱり混ぜそば」。
僕も大好きなこの一杯をここでも頂こうと思いましたが、
よくメニューを見ると、この店舗限定のものが。
それが「米沢らーめん」ということで迷いなくこちらを選択。

卓上にも書かれていますが、
茹で時間がとても短い麺を採用しているので、
あっという間の着丼になりました。

トッピングには肉厚のバラチャシューが2枚、
メンマ、海苔、ナルト、白ネギがデフォルトでラインナップ。

スープは透明度の高い黄金スープで、
鶏の味をしっかりと感じる上質仕上げ。
米沢ラーメンの基本は鶏ガラと煮干しということで、
そこをしっかり踏襲した一杯でした。

そして何と言っても注目なのが、茹で時間15秒という麺。
極細麺というわけではなく、平打ちの縮れ麺。
これも米沢ラーメンの特徴で、麺が超多加水で作られています。
だからやや透明度のある麺に仕上がっているんですね。
軽やかなスープと軽やかな麺であっという間の完食でした。
烈火さんと言えばの「ひっぱり混ぜそば」か、
パナンテ店ならではの「米沢らーめん」か、
選択の幅は広がりましたね。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2021 All Rights Reserved.