久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺や而今(じこん)@大阪府大東市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
麺や而今(じこん)でございます!!

店舗情報

お店:麺や而今(じこん)
場所:大阪府大東市灰塚6-7-9
営業時間:11:00~14:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)
※スープ切れまで営業
定休日:火曜日※祝日の場合は営業
久世のおススメ
【限定】濃厚中華そば 800円

スポンサーリンク

メニュー

2018年8月現在のメニューはこのようになっております。
いつの間にか而今さんには、
週末の煮干しを求めて訪問するようになっていましたが
久々に魚貝三獣士つけ麺を頂こうとしたら、
大きくメニューが変わっておりました。

2011年に開業してから店舗数も増やしている而今さんなので、
各店舗ごとの特色というのも出してきているのかも知れません。

そしてこちらが週末夜限定で提要されている煮干しメニュー。
毎週のようにこれを求めて来店されるニボラーの方がいらっしゃいますね。
限定情報は、鶏ガラじぃちゃん(麺処ゆうき)のTwitterで
提供メニューと数量を確認してから訪問しております。

【限定】冷やし淡麗中華そば&和え玉(冷)

※2018年8月の訪問ブログです。
Twitterでの情報で8月14日の超早朝、AM4時から7時まで、
「日の出処ゆうき大東」なるものが限定オープンと知り、
居ても立っても居られず、訪問してまいりました。
さすがにそんなに来ていないだろうと思っていたら、
3時40分でまさかの大行列。
「本日、ニボってます」の浸透ぶり、人気ぶりを再認識しました。

注文はもちろん、「冷やし淡麗中華そば」。
トッピングは色鮮やかな肩ロースと、玉ねぎ、海苔とシンプル。

スープはいつも僕が注文する「濃厚」とは違い、
透明度のある「淡麗」あるものの、一口飲めば、
すぐに存在感を見せてくれるニボニボ感。
何とも言えないクセになる洗練されたあとくちでゴクゴク進みます。

麺は温かい麺の時に使われる加水率低めのパッツン麺ではなく、
冷たいスープを考慮して少し加水率高めのものを採用。
まさに冷やし麺に合う麺チョイスでした。

この日の和え玉は、「温」と「冷」の2種類。
同行者が頼んだ「温」の和え玉はいつもと同じパッツン麺。
僕が頼んだ「冷」は「冷やし淡麗中華そば」と同じ加水率高め麺でした。
麺の違いによって全く表情を変える和え玉を堪能。
超早朝でも人を動かす引き付け力が「麺処ゆうき」にはありますね!
最近、而今さんのブログ更新が多すぎます!

【限定】濃厚中華ソバ 2018ver&和え玉

※2018年6月の訪問ブログです。
Twitterで限定情報を追いかけていても、なかなか都合が合わなかった
而今週末夜限定の「本日ニボってます」。
久々に行ける時間を見つけたので迷うことなく訪問しました。
「淡麗」と「濃厚」の2択から選んだのは、もちろん「濃厚中華ソバ」!

色だけでニボニボ感が伝わってくるスープに、
刻みオニオンと甘辛さと香ばしさを感じる煮豚チャーシュー。
デフォルトの肩ロースチャーシューとは、また違う美味しさがありました。

日によって煮干しの素材も仕上げ方も違うのが而今さんの限定。
この日はフレッシュ平子オンリーで仕上げられたスープでした。
「少しシャバ目です」とTwitterには書かれていましたが、
強い煮干しと強い動物系で、十分に粘度を感じるスープになっていました。

麺は歯ごたえ十分のパッツン系。
固めに仕上げられているので、細麺でも十分に存在感を感じます。
「車に30分乗ってこれを食べに来たんです!」と納得の一杯でした。

そして、こちらでは「替玉」ではなく「和え玉」を必ず注文。
刻み肉、刻みオニオンにタレ、オイルが加えられた一品。
食べ方は人それぞれですが、まずはマゼマゼしてそのまま。
次に「烏賊醤油」を加えて、さらに「烏賊酢」を加えてと、
徐々に変化を加えてその味を楽しむのが僕流の食べ方。
残った煮干しスープには投入せず、レンゲで飲みながら交互に楽しみます。
毎週のように煮干しの味も変わるので、また違う煮干しを堪能しに行きます。

スポンサーリンク

芳醇醤油鶏そば

※2018年4月の訪問ブログです。
デフォルトメニューも変わっているので、
現在のスタンダートともいえる「芳醇醤油鶏そば」を頂くことに。

登場したのは、而今さんらしい繊細さを感じる一杯。
豚肩ロース、鶏むねチャーシューに、鶏団子2つと
デフォルトでも豪華なラインナップになっております。

100円で追加注文した半熟味付け玉子も、
じっくりと黄身まで味を入れられたいい仕上がりの一品。

そしてスープは鶏をベースに、昆布、節系からとられた魚介系をプラス。
それを、鮎魚醤、生醤油の醤油でまとめたものになっており、
一口飲むだけで「芳醇」という意味が伝わってくる一杯になっています。

そのスープに合わさるのは、低加水のストレート細麺。
パツンとした歯触りが印象的な麺を、
ごくごく進むスープに絡めて完食となりました。

塩鶏湯そば

そしてこちらが同行者が注文した「塩鶏湯そば」。
トッピングは「芳醇醤油鶏そば」同様で変わりありません。
それにしてもこれぞ黄金スープというような色合い。

鶏ベースは変わりませんが、
ホタテ、アサリ、牡蠣などの貝のエキスがたっぷり詰まった塩スープ。

そこに絡んでいくストレート細麺も変わりありません。
麺、トッピング、鶏ベースが変わらない中で、
これだけ大きな差がやっぱり出るんですね。
これは交互に食べていきたいくらいどちらも完成度が高いです。
徐々に変化を遂げていく而今さん、
これからも追い続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

限定 濃厚中華そば 2016ver&和え玉

※2016年11月の再訪です。
而今さんのクオリティが高いことはもちろん知っています。
魚貝三獣士つけ麺は定期的に食べたくなるもの。
ただそれを上回る渇望で絶対に食べたくなったのはコチラでした。

IMG_8841.JPG

何度もネットの書き込みで見た限定の煮干し。
東京で麺めぐりをした時に、
初めて出会った伊吹さん晴さんの強烈な煮干し。

あの時は「いくらなんでも煮干しが強すぎる」と思っていました。
しかし、その時のブログにも書いたように、
そういう強烈なものは、得てして頭から離れないのです。

@torigara_yukiのアカウントに限定情報が出るということで、
ずっと追いかけて金曜日の夜の開店を狙って訪問してまいりました。

注文は「濃厚中華そば」を。

IMG_8843.JPG

正直、出てきた瞬間「これだ!!」と内心叫びました。

FullSizeRender.jpg

動物系と煮干が融合した、パンチ力のあるスープ!!
一口飲めば、自分が煮干しに近づいていくのではないか?
と思うほど、煮干、煮干、煮干!!

IMG_8847.JPG

このスープを加水率低めの細めのストレート麺に、
思いっきりからませてどんどん食を進めます。

IMG_8849.JPG

あっという間に完食して、
東京では意味が分からず注文しなかった和え玉を。

このままでも美味しいということなので、
まずはこの和え玉自身を堪能。

IMG_8848.JPG

さらに和え玉専用の烏賊醤油、烏賊酢で味変を加えます。
そしてもちろん残ったスープにも浸して食します。

和え玉だけで3つの味わい方が出来たことに大満足!!
もうしばらく煮干しは良いかなと思いましたが、
またすぐに求めることになりそうです。

がふうあんさんの限定、ノ貫さん、和心さんと、
まだまだ煮干しを求める旅も続いていきそうです。

スポンサーリンク

中華ソバ伊吹感謝 濃厚煮干しつけ麺

※2016年12月23日の訪問です。
上にも書いた「煮干しを求める旅」に出続けています。
がふうあんさんの限定も、ノ貫さんの限定も追いかけて、
身体はすっかり煮干しマニアへ向かっております。

そんな今の僕を突き動かす情報をTwitterにてキャッチ。
それが12月23日限定のコレ!!

「中華ソバ伊吹感謝 濃厚煮干しつけ麺」!!
限定80食ということで、マニアの方は早めに並ばれることを想定。
駐車場も2台しかないので、13:50頃に滑り込みなんとか間に合いました。

この日は和え玉もないということで
200gと300gから300gをチョイスし着丼。
而今さんらしい美しい麺の並びの上には鶏と豚のチャーシュー。

そして、つけ麺のため金曜日の限定よりも
さらに凝縮された超濃厚の煮干スープ!!

ガッツリつけるとそれはそれは恐ろしいほどの煮干し!!
まさにコレを求めて来ましたということを実現してくれました。
しかし、全部つけるとスープも無くなりそうで、
味も少々濃すぎるので麺を半分ほどつけてすするのが
ちょうど良いポイントでした。
300gもあっという間のフィニッシュ!!
年末に2016年の麺ライフを象徴する一杯に出会うことが出来ました!!

スポンサーリンク

魚貝三獣士つけ麺

※2015年3月の訪問です。
らぁ祭2015のスタンプラリーで久々の訪問になりました!

IMG_8842.JPG

注文は魚貝三獣士つけ麺でございます!!

IMG_2605.JPG

ビジュアルも完璧なつけ麺でございます!!

らぁ祭のビンゴサービスでチャーシューが増量されています。
魚貝三獣士つけ麺とは…
鶏をメインに豚骨、牛骨でスープをとり、
貝と魚の節でまとめ上げたものだそうです。

IMG_2604.JPG

濃厚な複雑な味に舌鼓!!
スープが麺に絡みに絡みまくります!!
なのでどんどんスープがなくなっていくのです。
結構気を遣いながら食べ進めて、
残りわずかなスープでスープ割りを頂きました。
もう少しつけダレの量が多いと完璧だな、と思いましたが、
やはり味は最高!!
また近くを訪れた時には絶対よりたいお店です!

鶏とろみそば

※初回訪問時のブログです。
こちらも大阪のラーメンランキングには
必ずといっていいほど出てくるお店。
大東市で最寄の鴻池新田駅から15分かかるのです。
なかなか「行こう!!」と思わないと行けないお店ですね。
こちらも車を持ってきたことにより実現いたしました。

久世日記-IMG_2557.jpg

メニューは多岐に渡りますが、迷った時は端から。
そして限定という言葉に弱いので「鶏とろみそば」を注文。

久世日記-IMG_7296.jpg

まあ美しいお顔でございますよ!!
チャーシューの種類も多い!!

久世日記-IMG_8433.jpg

鶏団子が入っているんですね!!
これは東京の名店、一燈でもありましたが、
ホームページにリンクを貼っていて関係があるお店みたいです。
詳しいことまでは分からないんですが。

久世日記-IMG_5728.jpg

麺はとろみに負けない太めの縮れ麺でございます!!

久世日記-IMG_6075.jpg

鶏ガラ、もみじから炊き上げた濃厚白湯スープに
生醤油と鮎醤油が加わります。
これを食べたのは約2ヶ月ほど前ですが、
Facebookに「久々に文句のつけようのないラーメンに出会いました。」
と書いたことは鮮明に覚えています。
また違うメニューを是非!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.