久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

【移転リニューアル】YAMACHAN@大阪市福島区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
『YAMACHAN』でございます!!

店舗情報

お店:YAMACHAN
場所:大阪府大阪市福島区海老江2-2-12
営業時間:11:30~15:00(L.O14:30)
定休日:日曜日
※営業時間、休みについてはお店Twitterで確認
久世のオススメ
豊潤味玉中華そば 900円
からあげセット 350円

スポンサーリンク

メニュー

2021年10月現在のメニューはこのようになっております。

豊潤味玉中華そば&からあげセット

10月1日に福島駅高架下のふくろうじから海老江に移転リニューアルオープン。
無限」さんの真裏くらい、一本東の筋にお店があります。
お昼前には行列も出来る人気ぶりでした。
注文は『豊潤 味玉中華そば』と、こちらの鉄板セットメニュー『からあげセット』を。

相変わらずの美しいビジュアル!
高架下店の時に感じたギャップも好きだったんですが、新しいオシャレな店内と、このビジュアルはうまく合致してますね!

スペイン豚の肩ロースレアチャーシューの上に山わさび、たっぷりの豆苗、ネギに、追加味玉というラインナップ。

スープはその名の通り「豊潤」!!
柔らかさの奥に深みを感じる旨スープですね。
京赤地どりと牛すじの動物系に魚介が融合したベースに、愛媛県南宇和の醤油が融合し、少し甘みを感じる仕上がりに。

麺はツルモチ食感の中太麺でミヤネ食品さんに特注されているそう。
深みのあるスープだからこそ、この太さの麺がしっかり合いますね!!

そしてこちらが、セットメニューNo.1人気とも聞く、『からあげセット』。
アッツアツ、大ぶり、ジューシーなからあげが3つと小ぶりなご飯。外はカリッと、噛めば火傷するほど熱い肉汁がジュワッと。
一回食べるとこれがマストかな!って思いますね!
キレイに生まれ変わって雰囲気もバッチリあったYAMACHANさん。
今度はプレッタムーアを頂こうと思います!

スポンサーリンク

【福島時代】こく煮干し中華そば&からあげセット

※2021年6月の訪問ブログです。

時短営業の時に変則レギュラーメニューとして生まれた煮干し系のラインナップ。

行こうと思えば、休業に入り…とタイミングが合わず、6月10日の営業再開と共に訪問して来ました。
注文は『こく煮干し中華そば』と、評判の高い『からあげセット』を。

色鮮やかながら、濃厚な煮干しスープの存在感がすごい一杯。

レアチャーシューにナルト、アーリーオニオン、カイワレの色彩バランスがイイですね!

煮干しのざらつきが見えるほど濃厚でねっとりとした粘度を持つニボニボスープは、尖りがなく煮干しの旨さを動物系スープがうまく丸め込んだコク旨スープです。

麺はウェーブのかかった平打ち中太麺で、ねっとりニボニボスープをよく持ち上げてくれます。
モッチリした食感がよく合う麺ですね!
一杯のバランス感覚がさすが!という一杯でした!

そしてこちらが非常に人気の高いからあげセット。
とても人気で昼営業終盤にいくと残り1セット…。
小ぶりなからあげしかないと言うことで少しお安くして頂きました。サクッとジューシーなからあげは噂に違わぬ旨さですね!
また今度行った時もこのセットで頂きたいと思います!
ちなみに7月11日までで現店舗は閉店し、野田阪神に移転されるそうです。

スポンサーリンク

【福島時代】冷やしとろろつけ麺400g

※2020年7月の訪問ブログです。
名店がずらりと並ぶ福島駅近辺。
大阪に来る知人にオススメラーメン店を聞かれれば、とりあえず福島行っときゃ間違いない!と言えるほどの激戦区ですね。
その中で、まだ行ったことのないお店が「YAMACHAN」さんでした。
お店はどこだ?と探すとJR神戸線の高架下にある「ふくろうじ」という飲食街にあるんですね。
夜遅くに行くと、本当にここに入っていいの?という扉から入るので躊躇します。
屋台風の店舗を見つけ、限定の冷やし麺を頂きました。

それが『冷やしとろろつけ麺』。
こちらもSNSでひと目見て食べておきたいと思った冷や麺でした。
麺量で迷いましたが、200gは少ないかと思い、400gで注文。

じっくりと時間をかけて到着した美しいつけ麺。

麺にたっぷりと絡めかれた、とろろ。
ネギにカイワレ、レアチャーシューというラインナップ。

つけ汁は節系の魚介が効いた和風つけ汁でガツンと濃い味に仕上がっています。
ですが…麺に絡んだとろろがつけ汁に染みていくことで、どんどんと丸みを帯びた味へと変化。
昆布水つけ麺というのをよく見かけるようになりましたが、そんな感じでつけ汁の変化も楽しめます。
麺は平打ちの太麺でツルツルとした食感がたまりません。
ツルツル麺にたっぷりとろろが絡んでいるので、箸で掴むことに苦労しながら、ズルズルと完食。

麺は無くなっても、とろろがたっぷり染み込んだつけ汁がもったいない…。

そんな時に最適なのが〆で用意されている『山わさびめし』。

旨味が詰まったとろろつけ汁をご飯にかければ…そりゃ旨いでしょう!!
山わさびはつんざくような刺激はなく、程よい刺激と清涼感を与えてくれました。
初回から惹きつけ力のある限定メニューから頂きましたが、次回はレギュラーメニューを頂きます!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2021 All Rights Reserved.