久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺や佑@大阪市中央区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
「麺や佑」でございます!!

店舗情報

お店:麺や佑
場所:大阪市中央区南久宝寺町4丁目5-15
営業時間:11:00〜15:00 18:30~21:30
定休日:月曜日・土曜夜
久世のオススメ
鶏魚豚らーめん 830円
鶏豚つけめん 900円

スポンサーリンク

メニュー

2021年1月現在のメニューはこのようになっております。

スポンサーリンク

鶏豚つけめん2021ver

気付けば5年ぶりの訪問です。
麺や拓」から独立されて5年、ランチタイムには12時前から満席になるほど人気が浸透されています。
久々の訪問で『鶏豚つけめん』を頂くことにしました。
券売機で大盛を探すと、1玉プラス300円しかなかったのでノーマルのままで注文。

ほどなくして到着したのは、白い器に映えるシンプルつけ麺。

ネギたっぷりのつけ汁は少しの泡立ちが見え、その濃厚さが伝わってきます。
鶏と豚から炊き出されたつけ汁は、そこまで粘度は高くなく、動物系の旨味がギュッと凝縮されています。
以前感じたチーズのような味はしなくなっていました。

麺は平打ちで、ややウェーブのかかった太麺。
その上に肉厚チャーシューが2枚というラインナップ。

麺の持ち上げ図で食欲をそそったのではないでしょうか?
平打ち麺がほどよい粘度の濃厚つけ汁を纏い、見事な光沢を放ってくれます。
ほどよい酸味があるのですが、以前よりその酸味が抑えられたからこそチーズ感がなくなったのかもしれません。
モチっと噛み応えがあり、噛むほどに小麦を感じるようなウマ麺が印象的ですね!

最後はスープ割りでフィニッシュ!
麺量250gでもしっかり満足ですが…もうちょっと食べたいという方は、ランチタイムは100円引きになるご飯ものがオススメです。
久々訪問のお店巡りも色々と発見がありますね!

スポンサーリンク

鶏豚つけめん2016ver

※2016年5月の再訪です!
GW中の5月6日に訪問してまいりました。
開店直後を狙いましたが、すでに5人の方が待っていらっしゃいました。
オープンから2ヶ月経ちましたが着実に人気店になっていますね。
前回、退店時に決めていた鶏豚つけめんをチョイス。

IMG_5732.jpg

麺や拓に見た目は似ていると思われますが、
一口食べてみるとまた全然違うつけ麺でございました。
鶏と豚のなかなか粘度の高いこってりとした旨味の中に、
酸味が効いているのです。
食べた時にこれは美味いと唸り、そして何かの味を感じると…。
少しチーズの要素を感じるのです。
チーズそのものが入っているのか、
乳化したスープに酸味が加わることでそのように感じたのか、
バカ舌では計り知ることが出来ませんでしたが率直な感想でした。
とにかくこれまでのものとはまた違った旨さを感じました。

IMG_1123.jpg

麺はスープがよく絡む太めの平打ち麺。
麺は一律250gということで、一気に麺がなくなっていきました。
足りないと感じる方はサイドメニューの丼をおすすめします!
途中からはこの出会ったことのない味を確かめるために
スープを舌の上で転がしまくっていたので、
また次回は気軽にこのつけ麺を味わいに行きたいと思います。

開店から2ヶ月、安定した人気店になっていることを確認しました。

スポンサーリンク

鶏魚豚らーめん

※2016年3月の訪問ブログです。
2016年3月3日、本町近辺に新店舗がオープンするとの情報があり、
ラジオ終わりの夜営業時に早速訪問。

{456FE29F-C43C-4ECA-B51D-4C6C265DE5AF:01}

その名も麺や佑さん。
西区北堀江の名店、麺や拓からの独立店でございます。

{B5782890-14F2-4950-9451-4A0365A0FE4D:01}

鶏魚豚らーめんor鶏豚つけめんで迷いましたが、
ここにしかない!とチラシに書いてあった「らーめん」の方をチョイス。

{D1D7700B-50FF-49B9-9ED1-CD27A8D6E110:01}

卓上のメニューを見るとご飯ものも行きたくなりましたが、とりあえず待ちます。

{CAB1667D-2D87-4CB7-8EBB-945EDA1ECFC0:01}

最近オープンしたお店の中では、かなり広く感じる店内を眺めていると、ほどなく着丼。
まずネギの上の節に目がいきます。

{72190016-6F47-4477-8B29-A4CC62702D00:01}

ネギの下には気をつけないと形が崩れそうな柔らかチャーシューが2枚。
煮干、鰹、椎茸、昆布の魚介ダシに、国産の鶏ガラ、豚ガラからとられたスープが融合。
そしてカエシには、醤油でも魚醤でもない
純動物性の発酵調味料「鶏醤」が使われているそうです。
鶏魚豚の3つの味が合わさると、何かが強いという感じがするかなと思ってましたが、
どれが思いっきり主張するということはなく。
なのに鶏魚豚のすべてをしっかり感じる絶妙な加減。

{7A5FCC9F-E19B-4A10-9807-CD47C376D911:01}

麺は中太麺よりはやや細めのストレートで低加水。
麺の持ち上げを撮る時は、できるだけキレイに揃った時をと思うのですが、
麺の力強さでなかなかうまく撮ることが難しいほど。
パツンという歯応えがしっかり記憶に残りました。
鶏魚豚スープを舌で確かめているといつの間にかの全汁。
オープン当日にも関わらずオペレーションもしっかりされていたと思います。
次回は鶏豚つけめんを食べる!と決めて退店。
この辺りは仕事でもよく訪れる場所。
今日は轍?座銀 にぼし店?葛?それとも麺や佑?
本町近辺が最近の激戦区であることは間違いなさそうです。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2021 All Rights Reserved.