久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺処ピリ虎(PIRIKO)@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
麺処ピリ虎(PIRIKO)でございます!!

店舗情報

お店:麺処ピリ虎(PIRIKO
場所:岡山県岡山市北区天神町10-18
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
久世のオススメ
担々麺 900円

スポンサーリンク

メニュー

2019年9月現在のメニューはこのようになっております。

担々麺

麺処ぐり虎のネクストブランド店として、2018年12月、城下にオープン。
以前は、表町商店街の中にありましたが移転してきたのですね。
15時過ぎにランチスポットを探していた時、
11:00~19:00という営業時間に助けられ遅めのランチを。
メニューは数種類あるのですが、
屋号の由来にもなっている「担々麺」を頂くことにしました。

ほどなくして到着したのはセットになった「担々麺」。

まずは「担々麺」から見ていきましょう。
よく見る担々麺とはちょっと違う、ごまを使わないタイプのモノ。

辛味をプラスするラー油に、相変わらず美しいピンクのレアチャーシュー。

スープは相当辛く仕上げられているらしく、
「麺は啜らずにお召し上がりください」とのこと。
一口飲んでみると、確かに辛い!
でも辛すぎず、ゴマ不使用なのでスッキリとしたあと口。
そしてやっぱりちゃんと…美味い!
調子に乗って啜り過ぎるとむせるかも知れませんが、
辛辛魚が大丈夫な方は問題ない辛さだと思います。

麺は古代小麦を石臼挽きした全粒粉の見える中細麺。
ちょっと変わった担々スープに、ちょっと変わった食感の麺。
これがまたいい組み合わせを見せてくれます。

スルスルと進んで、麺がなくなると〆のリゾットの番。
ご飯に特製えび唐辛子をふりかけて残った担々スープを投入。

麺とはまた違う面から担々を楽しめる魚介リゾットになりました。
「辛さゴッド」も気になりますし、「盛岡冷麺」もきになるところ。
また訪問してみたいお店です。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.