久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺屋 団長@大阪市生野区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
麺屋 団長でございます!!

店舗情報

お店:麺屋 団長
場所:大阪府大阪市生野区巽中4-18-13
営業時間:11:30~15:00 18:00~24:00
定休日:木曜日
久世のおすすめ
男のまぜ麺 790円
男の黒ラーメン 690円

スポンサーリンク

寺田町にある麺屋わっしょいのネクストブランド店として
南巽駅の近くに2015年7月にオープンしたお店。
普段は今里わっしょいによく行くのですが、
たまたま23時を越えていて、それでも口があのまぜそばを求めていたので、
24時まで開いているこちらまで足を伸ばした形になりました。

メニュー

メニューを眺めて、僕は迷うことなく「男のまぜ麺」をチョイス。
同行者は「男の黒ラーメン」を注文することに。

男のまぜ麺

麺量は150gから400gまでむりょうで選ぶことが出来ますが、
300gまでだと白飯が一杯無料になるということで、
ここは最後の〆飯にも楽しみを持つために300gをチョイス。
トッピングはお肉にメンマに煮卵と大葉というラインナップ。

まぜ麺ですから、一度写真を撮ったら一心不乱に混ぜ続けます。
醤油とニンニクに背脂が加わった特製ダレをしっかりと麺に絡ませたら…

後は無心で麺を啜るだけ。
これを求めていたと身体も納得の中毒性のある麺です。
わっしょい系列さんは、ちゃんとジャンクなんだけど
丁寧なお仕事が感じられるのがいいところですね。

最後は無料で付いてくるご飯を残ったタレに投入し、フィニッシュ。
麺を目一杯増量するのもいいですが、
特製ダレを最後まで味わうには〆ご飯が一番ですね!

スポンサーリンク

男の黒ラーメン

そしてこちらが同行者が注文した「男の黒ラーメン」。
「男の根性黒醤油」とも違い、
にんにく背脂は入っていないのでジャンクさはなく
コッテリが苦手な人向けのメニュー。

色濃い醤油ながら、澄みきったスープで、
ゆず風味の和出汁が効いています。
せっかくわっしょい系列に来たなら、
ガツンとジャンクを選ぶべきかなと思っていましたが、
このスープが実に…旨い!!
まぜ麺にも感じられる丁寧な仕事ぶりが
こちらの繊細スープには色濃く反映された形ですね!

麺は細麺と太麺から選ぶことが出来て、こちらは太麺。
あっさり仕上げながら太麺ともいい絡みをみせてくれました。
「男の…」というメニューが多いからと言って、
あっさり系を侮ることなかれという感じですね。
実に完成度の高い一杯でございました。

ちなみに団長さんは2016年に関目高殿駅近くにも
関目団長」を出店されております。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.