久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ぶたのほし@兵庫県尼崎市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
ぶたのほしでございます!!

店舗情報

お店:ぶたのほし
場所:兵庫県尼崎市長洲西通1-16-7
営業時間:11:00~15:00
※しばらくは昼営業のみ
定休日:火曜日
久世のおすすめ
とんこつラーメン 750円
さかなとんこつラーメン 800円

スポンサーリンク

メニュー

現在のメニューはこのようになっております。

さかなとんこつラーメン

オープンから2ヶ月が経ち、すっかり行列のお店となった「ぶたのほし」さん。
待ち時間も考慮して時間が確保できそうな日を見つけ再訪してまいりました。
店外に行列はなかったものの店内に入ってビックリ!
20人ほどの方が並んでいらっしゃいました。
僕のブログの中でもかなりのアクセス数なので
その人気の高さを感じていましたが…スゴイ!
それでも18席あるカウンター席の回転は良く、30分ほどで着席。
今回の注文は「さかなとんこつラーメン」を煮玉子入りで。

前回はRed Hot Chili PeppersがBGMとして流れていましたが、
この日流れていたのはRage Against the Machine。
僕の好きなジャンルなので待ち時間も楽しめてしまいます!
そして到着した「さかなとんこつラーメン」は黒の丼ぶり、黒のナルトが印象的。
他には薄切りしっかり味のチャーシューが4枚と、太めのメンマ、ネギのラインナップ。

トッピングの煮玉子もいい感じに仕上げられています。

スープを一口飲んで驚いたのはその濃厚さ!
「さかなとんこつ」というからには
豚の濃厚さがWスープでマイルドになると勝手に思い込んでいたのですが、
このスープは違うんですね!!
「ぶたのほし」が持つ濃厚豚骨をしっかりとベースに
節からとられた魚の旨みがかなり色濃くプラスされた形。
このスープも旨いです!!

もちろんこれだけ濃厚さをキープしたスープですから、
やや平打ちでウェーブのかかった太麺とも抜群の相性。
麺を食べ終えた後は、またもやスープを一滴も残すことなく完飲。
このお店では全汁のことを「ほしを頂きました」と表現されているそうです。
スタンダードの「とんこつ」も「さかなとんこつ」もレベルが高い!
そりゃリピーターの方が増えて行列になるわけです!
今度行った時にはどちらを食べるか…また迷っちゃいそうですね。

スポンサーリンク

とんこつラーメン

1月20日に話題の新店が尼崎にオープン。
長年、無鉄砲で修行を積まれた高田さんの独立店ということで
オープン前から高い注目度でした。
望麺会にて、たまたま同じテーブルで隣になった
高田さんのお店ということでもちろん僕も大注目。
初日に伺おうと思っていましたが、土日月ともに仕事。
行けると思った火曜日は定休日ということで、
やっと訪問することが出来ました。
現在はお昼営業のみで、その終わりがけを狙いましたが
それでも数名の待ちがありました。
券売機を眺め、まずはスタンダードに「とんこつラーメン」を頂くことに。
無鉄砲出身の方のお店ということで、
当然のように「替え玉」ボタンを探しましたが…ありませんでした。

真新しいオシャレな店内を見渡していると、
カウンターだけのお店ですが回転もよくすぐに席へ。

Red Hot Chili PeppersがBGMとして流れる中、
そのリズムに合わせるように
高田さんが羽釜の豚骨スープをを頻繁に混ぜ、
麺をさばかれていました。

待っている間に卓上調味料を確かめると、
辛味の効いたニラと辛子味噌。
高菜でも紅ショウガでもないというのは
独自性を感じるポイントですね。

到着したのは、白の器が印象的な濃厚豚骨ラーメン。
同じく無鉄砲からの独立店で和歌山にある
がんたれ」さんに似た雰囲気を感じました。

スープは水と豚骨だけで作る純豚骨スープ。
無鉄砲からの継承をしっかりと感じる粘度です。

トッピングは薄切りのチャーシューが4枚と、
極太メンマ、ネギにナルトというシンプルなラインナップ。

そんな中で無鉄砲との一番の違いを感じるのは麺。
平打ちで縮れの入った太麺で、「しゃばとん」を思い出せます。
確かに…この麺なら「替え玉」は難しいかも知れませんね。
濃厚でドロリとしていますが、意外とすっきりとした後口で、
旨味と甘みを感じる豚骨スープに舌鼓!!

そのまま完食したかったのですが、
どうしてもニラとの相性が気になり最後に投入。
適度な辛味がスープの良さを失うことなく味を変化。
あまりに序盤で入れるのはもったいないですが、
最後に味変を楽しむのはアリですね。
こうなると気になるのがもう一つの「さかなとんこつ」。
僕も何年も喋らせてもらった尼崎でどんな存在感を見せるのか?
また再訪することになりそうです。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.