久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

らーめん春友流@奈良県奈良市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
らーめん春友流でございます!!

店舗情報

お店:らーめん春友流
場所:奈良県奈良市三条栄町4-8
営業時間:10:30~14:30 17:30~21:00
定休日:日祝
久世のおすすめ
味噌らーめん 790円

スポンサーリンク

味噌らーめん

自分が生まれ育った奈良県もいつの間にか有名な麺屋が増えました。
その中で2015年9月に新大宮駅近くにオープンしたこのお店も、
名前をよく聞くお店になり宿題店の1つでした。
なんでも北海道の麺店で修業して店主が、
横浜に出店し、そこから奈良に移転してきたとのこと。
仕事終わりで夕方の開店直後に伺いました。

メニューを眺めて、
まずは1番人気の味噌らーめんを頂くことに。

中華鍋で野菜が炒められる
小気味いい音を聞きながら待っていると、ほどなく着丼。
味噌の程よい風味が湯気と共に漂ってきます。

玉ねぎ、モヤシ、メンマ、ネギ。
そしてレアチャーシューの上におろし生姜がアクセント。

スープは鶏豚の動物系をベースに味噌が加えられたもの。
中華鍋の中で味噌を溶かしてしまうのが北海道流。
関東の味噌ラーメンは丼ぶりで味噌を溶くところが多い中、
こちらは修業した北海道流をしっかり継承しています。
札幌味噌ラーメンは大量のラードが印象的ですが、
こちらはそこまで多くの油分は感じません。
その代わりに鶏豚スープの本来の味と、
上手く融合するお味噌の味を両方感じます。

麺は毎日北海道から空輸されてくるという
西山製麺のものを使用。
中太のやや縮れ玉子麺で、これがまたスープにベストマッチ。

まずスープを飲んで美味い!と唸りました。
すみれ、純連に代表されるラードたっぷりスープも好きですが、
こちらのスープもまた違った優しいお味で好み。
鶏豚スープがしっかり主張してくるので、
卓上に置いてあるおろしニンニクを加えると、
またいい感じで味が変化してこれも旨いんです。

噂に聞いた奈良の味噌ラーメンは、
本場北海道からの遺伝子を感じる完成度の高いラーメンでした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.