久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

本町製麺所 中華そば工房@大阪市中央区

2020/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
本町製麺所 中華そば工房でございます!!

店舗情報

お店:本町製麺所 中華そば工房
場所:大阪府大阪市中央区船場中央1-3-2 船場センタービル2号館 B2F
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜・祝日
久世のオススメ
名物中華そば+名物鴨ロースご飯セット 1180円

スポンサーリンク

メニュー

2020年12月現在のメニューはこのようになっております。

名物中華そば+名物鴨ロースご飯セット

阿倍野にあった「本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房」が、2020年11月26日、船場センタービルに移転オープン。
らーめん久遠」さんもあり、センタービルが新たなラーメン激戦区になりそうですね。
注文は名物と書かれていた『中華そば』と『鴨ロースご飯』のセットを。

さすが本町製麺所!というビジュアル力の高いセットが到着。

まずは名物『中華そば』から見ていきましょう。
薄くスライスされたレアチャーシューは、四元豚を真空調理で仕上げたもの。あとは穂先メンマ、白ネギ、みつ葉というラインナップです。

そしてスープですね。「黒門市場 山長商店」の7種の削り節から生まれる出汁が主役。
そこに鶏ガラ、利尻昆布、焼き鱧が加わり、無添加生醤油が融合します。
旨味と甘みがある深みある醤油スープです。

麺は店内の製麺機で作られる自家製麺で、丸麺と平打ち麺から選ぶことが可能。
どっちもオススメですと言われたので、とりあえず丸麺で頂きました。
確かな食感を楽しめるモッチリ麺でした。

そしてこちらが名物『鴨ロースご飯』。
何も書かなくても美味さが伝わるのではないでしょうか?
しっとり香ばしく仕上げられた鴨ロースに絶妙な量のタレ。

山椒の実が丸まま、相当数入ったアクセントもまた絶妙。
ちょっと量は少なめですが、間違いのない逸品です。
アクセス、通し営業、このクオリティ、またありがたいお店が出来ましたね!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.