久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華そばココカラサキゑ@大阪市淀川区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
中華そばココカラサキゑでございます!!

店舗情報

お店:中華そばココカラサキゑ
場所:大阪府大阪市淀川区西宮原1-7-39
営業時間:11:30~14:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
※土日祝の昼営業は11:00~15:00(L.O)に拡大
定休日:火曜日
久世のオススメ
丸鶏特製 1030円

スポンサーリンク

メニュー

2020年5月現在のメニューはこのようになっております。

丸鶏特製

お店のTwitterで「復帰感謝ウィーク」を開催中というのがずっと気になっていて、
緊急事態宣言解除後の、本当に久々のお店ラーメンはこちらで頂きました。
券売機で「限定」売り切れになっていましたが、
店員さんに聞くと「丸鶏」ならどれでも特別スープになっているとのことでした。
注文は『丸鶏特製』を。
久々のお店ラーメンなら…奮発しちゃいますよね!

ほどなくして美しく丼一面にトッピングが広がる一杯が到着!

鮮やかなピンクのレアチャーシューは薄くスライスされ3枚重ねで!
ワンタンに太メンマ、味玉が付いてくるのが特製のトッピング。

今回「復帰感謝ウィーク」ではスープに使われている鶏が「近江シャモ」!
そして鶏油には「青森シャモロック」が使われているんですって。
ひと口飲んで鶏の素材が分かる神の舌は持っていませんが…とにかく旨い!
ストレートに鶏の美味しさが伝わるスープに醤油が合わさります。
結構色濃く見える醤油もこの鶏スープに丸め込まれて
ただただレンゲが進みます。

その極上鶏スープに合わさるのが平打ちの中太麺。
スープに注目して訪問しましたが、このツルツル感はすごい!
ツルツルもちもちの食感で、喉越しがとても良いので、噛む回数が少なくなります。
2ヶ月以上?ぶりにお店で頂くラーメン。
やはり特別な一杯となりました!

スポンサーリンク

鶏そば

※2019年8月の訪問ブログです。
新大阪駅から西へ歩くこと15分ほどのところにあるお店。
2018年6月にオープンしたお店で、
元々は「中華そばムタヒロ福島店」の店長だった方が独立されたそう。
口コミで何度も目にしていましたが、
新大阪からの絶妙な距離感でなかなか行くことが出来ませんでした。

煮干そばと、限定の冷やしもすごく迷いましたが、
初回訪問ということでメニューの1番上にある
「鶏そば」を頂くことにしました。

程なくして到着したのはレアチャーシューの彩りが美しい一杯。
トッピングはメンマとネギとレアチャーシューだけとシンプルなのですが、

まるでローストビーフのようにワイルドに盛りつけられているのが良いんですよね。
こういうチャーシューをきちんと広げられていると、
スープの熱ですぐに火が入ってしまうので、焦るんですよね。
一見、ワイルドでありながら美しく、計算されたような配置に感じました。

そしてなんと言ってもこのスープが…旨い!
油膜が覆う鶏醤油スープは、じっくりと抽出された鶏の旨味が詰まっています。
少し甘みも感じる鶏スープは、
お店ツイッターに「王道の中華そばを目指しています」と
書かれているのがよく伝わる完成度でした。

麺は想像していたよりも太めの中太麺。
麺箱から「棣鄂」さんのものを使用されているようですね。
ツルモチの食感の太麺と、鶏醤油スープを絡ませてあっという間の完食。
暑い夏に、熱々の鶏そばというのも、また良いものでした。
このクオリティを知れば、煮干そば、そして限定の冷やしの完成度も確かめたくなるもの…。
また新大阪から少し歩く覚悟を持って再訪問ですね!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.