久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華蕎麦 丸蔵(まるくら)@大阪市住吉区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
中華蕎麦 丸蔵(まるくら)でございます!!

店舗情報

お店:中華蕎麦 丸蔵(まるくら)
場所:大阪府大阪市住吉区長居東4-15-33
営業時間:11:30~14:30 18:30~23:00
※日曜夜営業は21:00まで
定休日:水曜日※臨時営業もあるようなのでTwitterでチェックを
久世のおすすめ
海老味噌味玉 880円

スポンサーリンク

メニュー

2020年2月現在のメニューはこのようになっております。

【限定】背黒×πウォーター

定期的に丸蔵さんのTwitterを追いかけていて、
たまたま見つけた濃厚煮干の限定麺。
「水と煮干だけでとった出汁」で、「煮干が苦手な方はご遠慮下さい。」
どのような仕上がりになっているのか好奇心を掻き立てられますね!

その限定麺の名は「背黒×πウォーター」。

レアさの残る大ぶりチャーシュー、三つ葉、刻み玉ねぎのみのトッピング。

そして注目はこのスープ!!
水と煮干だけで生み出されたセメントニボニボスープ。
ひと口飲めば広がる強煮干ながら、残るのは旨味のみ。
苦味、エグミもうっすらとしかなく、とても上品な口当たりです。

そこに合わさる細麺で、スルスルっと完食へと進みました。
食べている時に、朝倉店主から話しかけてくださり、
色々とお話させて頂きました。
煮干を勉強中でご意見を頂きたいということで、
正直に、とても上質で美味しい煮干麺だったと伝えると、
他のお客さんからもっと強烈な煮干もやって欲しいと言われるとか。
確かに強煮干にどハマりすると、つんざくような尖りを求めてしまうもの。
動物系と合わせる方が煮干感が出やすいことも最近分かったそうで。
製法について僕は詳しくありませんが、
あくなき探究心でこれからどんな煮干麺に行き着かれるのか、
また丸蔵さんの今後を追いかけたいと思います!!

スポンサーリンク

【1周年記念】丸蔵白湯らーめん

昨日はJ1開幕戦、セレッソvsヴィッセルで盛り上がっていた長居。
その長居駅近くの丸蔵さんが2月19日で1周年を迎え、
週末にそれを記念した限定メニューを出されるとのことで訪問。

その名も「丸蔵白湯らーめん」。
なんと麺や福はらさんとのコラボということで、ピーク時間過ぎを狙っての訪問。
今日は、このメニューのみの提供だったので一択で注文。

到着したのは、何とも贅沢さが溢れる一杯。
このコラボ麺はスープを丸蔵さん、
麺とチャーシューは福はらさんが担当したのだそう。

一口スープを飲むと、ジワリと広がるしっかり鶏味。
そして、それを追いかけるようにやってくる
しっかり魚介がナイスコンビネーション。
丸蔵さんはこのスープを徹夜で仕込まれたんだそう。
その想いがビビビと伝わるようなスープでした。

そして福はらさんが担当されたチャーシューがコチラ。
2種のチャーシューで、共にここまで美しいピンクが出せるとは。
もちろん色合いだけではなく、味も抜群でした!!

同じく福はらさんが担当された麺は、
キタホナミの良い部分だけを使用したという自家製麺。
やや平打ちのストレート麺は、低加水に仕上げられ、
鶏と魚が順にやってくる存在感強めのスープにぴったり!
もちろん、スープを一滴も残すことなく完食。
登場するすべての具材にこだわりを感じる価値ある一杯でした。

スポンサーリンク

海老味噌味玉

※2018年4月の訪問ブログです。
2018年2月、長居駅近辺にオープンしたお店です。
店主は大阪、東京、横浜での麺屋経験を経て独立開業されたそう。
オープン前から話題になっており注目のお店でした。
口コミで数々のレビューを見ておりましたが、
オープンから2ヶ月ほど経ってやっと訪問することが出来ました。
メニューを眺めて、まずは看板メニューからということで
「海老味噌」を味玉付きで注文することに。

ほどなくして到着したのは美しいビジュアルの一杯。
デフォルトトッピングはチャーシュー、刻みオニオン、
ネギ、カイワレというシンプルトッピングなのですが…

またこのチャーシューが大きいのです!!
ややレアさが残るローストされたハイクオリティチャーシューが、
これだけ丼ぶりに存在感を見せるとインパクトがありますよね。

そしてこの麺の肝となるスープは、
海老からとられた出汁と、お味噌が融合した甘みを感じるもの。
オープン当初はもっとあっさりした鮮魚スープだったそうですが、
どんどんブラッシュアップを繰り返していて、
僕が頂いた時には、旨味、甘みをしっかり感じながらあと味スッキリのスープに。
海老も味噌も前に出やすいものなんですが、
2つともが良いバランスで主張しすぎてこないのが美味しさの秘訣でしょうか。

そのスープに合わさるのは、
低加水でパツン系のストレート細麺。
そのスープなら色々な麺で味わってみたいところですが、
パツン系細麺との相性もスゴくいいですね!
とか…考えていたらあっという間に完食、完飲。

Twitterを見ていると「大和肉鶏のタタキ丼」なんて、
気になる限定メニューもあるようなので、
また他のメニューもチャレンジしに行きたいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.