久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

【移転リニューアル】麺と人@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
麺と人でございます!!

店舗情報

お店:麺と人
場所:大阪府大阪市北区国分寺2-3-13
営業時間:11:30~15:00
定休日:不定休
久世のオススメ
香辛味噌拉麺 880円

スポンサーリンク

メニュー

2020年9月現在のメニューはこのようになっております。

香辛味噌拉麺

2020年9月2日、「麺と人」が復活オープン。
以前あったお店のほど近くで、古民家の2階を改装した形でリニューアル。
こんな路地裏にあるのか!という場所に新店舗を見つけ、かなり急な階段を登って入店。場所は見つけたものの何を頼むかは決めていなかったのでかなり迷いました。
「名物」「人気」「元祖」と迷わせるワードの中から「人気」の『香辛味噌拉麺』を注文。

スープ、麺、野菜の3つに分かれて調理され、それが合わさり着丼。
かなり香辛料がかかっております。

麺スープの上にはもやし、キャベツ、青ネギの野菜群に大量の花山椒がかかっているんです。

スープをひと口飲めば、まさに商品名の通り『香辛味噌拉麺』!!
トロミのある濃厚豚骨味噌スープ。そのベースにシビカラがたっぷり加わった刺激多めの仕上がりです。
絶妙な旨さと辛さの同居で頭にふと浮かんだのが日本橋の「たぶっちゃん」。ただあそこは坦々麺だよな…と頭によぎり、その次に出て来たのは東京の「鬼金棒」でした。

その刺激スープに合わさるのは平打ちの中太で、ツルツルとした表面にモチモチ食感の旨麺。
どんどんと進んでいくシビカラ麺なのですが、それがそう簡単ではないのです。
ネギ上の花山椒がどんどんスープに溶け込み、シビカラ度は増加。勢いよく啜るとむせ返りそうになります。このご時世…咳き込むなんて御法度ですから、ゆっくり食べ進めるべきですね!
とにかく…頭にこびりつきリピートしたくなる刺激麺でした!

スポンサーリンク

旧店舗時代】特製チャーシュー味噌つけ麺~煮玉子入~

※2012年8月の訪問ブログです。
色々なお店に足を運びましたが、
うまいラーメンの激戦区といえば福島と天六・天満です。
僕が天六での仕事に行き始めた2008年からも
実にたくさんのお店ができてなくなっていきました。

久世日記-IMG_4892.jpg

2012年5月31日に開店したのがこの店。
天神橋筋六丁目の駅がある交差点から
方角で言うと北東に進んだ路地裏にあります。
古い家屋を改装してできたお店で、
まず見た目から心惹かれる造り。

久世日記-IMG_5581.jpg

メニューはラー麺とつけ麺ですが、
チャーシューとの分類があるだけで基本は味噌。

久世日記-IMG_7931.jpg

お店の前にはこだわりが書かれた看板があり熱意が窺えます。
本来はラー麺から食するべきでしょうが
夏で暑いのでつけ麺をチョイスいたしました。

久世日記-IMG_9510.jpg

スープはスープのまま、トッピングは麺の器にございます。
なんといっても目を引くのがレアチャーシュー。
最近のチャーシューは本当にレアチャーシューだらけですが、
ここのものはまた洗練されているような気がします!!
酒、味噌、醤油でシンプルに味付けされています。

久世日記-IMG_2534.jpg

麺は中太のストレート麺。
無添加、無香料にこだわった弾力の強い自家製麺です。
そして味の決め手の味噌は、
2種類の味噌プラス野菜、魚介類を混ぜ込み熟成させたもの。
あっさりだけでは終わらないお味です!!
お店の雰囲気も良いので人気店になるでしょうね!!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.