久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

牛薫る麺処 嵐風(ARAKAZE)@大阪府門真市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
『牛薫る麺処 嵐風(ARAKAZE)』でございます!!

店舗情報

お店:牛薫る麺処 嵐風(ARAKAZE)
場所:大阪府門真市四宮5-9-15
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:30
※木曜日は昼のみ営業
定休日:月曜※祝日の場合は翌日
久世のおススメ
牛塩らーめん 750円

スポンサーリンク

メニュー

2021年5月現在のメニューはこのようになっております。

牛塩味玉らぁ麺

北浜時代に訪問してから早8年。
2014年に門真へ移転してから初訪問となりました。免許の更新の時にはと思ってましたが、5年に1度だとなかなか訪問機会がありませんね。
「牛薫る麺処」ということで、牛スープを主体とした麺が楽しめるお店です。
以前は『牛醤油』を頂きましたが、今回は現在の看板っぽい『牛塩らぁ麺』を『味玉』付きで頂くことにしました。

到着したのは少し白濁しながら美しい黄金色を醸す一杯。

イイ感じで色が染みている味玉に肉厚でピンク月鮮やかなレアチャーシュー、細切り白ネギ、青ネギに、

そして「牛薫る麺処」とあって牛スライスの甘辛煮がたっぷり入っています。

そしてこちらのスープが独特なんです。
牛スープというと「牛骨」を使用していると思いきや…肉を溶かしてスープをとり、提供直前に魚介スープを融合させたWスープ。
まったりと旨みが広がるスープですね!
丼面に油膜が見えますが、こちらはキノコの香りがついた香味油で、これも良い存在感を出しています。

麺は全粒粉麺で透明感のある麺を採用されています。
じんわり旨みの広がるスープによく合いますね。

卓上にはフライドオニオンが用意されていますが、スープの味を大きく変えるため「使いすぎ注意」と書かれています。
最後の最後に少量加えて味の変化を楽しみました。
なかなか門真に行くことはありませんが、また免許の更新の時には…必ず!

スポンサーリンク

【旧店舗時代】牛醤油らーめん

※2013年11月の訪問ブログです。

久世日記-IMG_9838.jpg

うしかおるめんどころ あらかぜ と読みます。
東京でお店をやっていた方が移転オープンとなりました。
7月末にオープンだったのですが11月に書くことに…。

久世日記-IMG_5799.jpg

牛醤油、牛塩、つけ麺などメニューがたくさんありますが、
「牛薫る」と書いてありますのでやはり牛醤油から試すべきでしょう。

久世日記-IMG_8059.jpg

小さめの器に綺麗なラーメンが到着。
牛ラーメンというと以前紹介したおかげ横丁の小西湖、
ミナミの宗家一条流がんこラーメンがありますが、
あまり耳慣れたものではありませんね。
スープは牛スジ肉と煮干出汁の融合ということで。

久世日記-IMG_7833.jpg

牛肉のチャーシュー。

久世日記-IMG_3393.jpg

若干平打ちになった麺。
非常に上品な一杯に仕上がっております。
豚や鶏よりも牛で作るラーメンの方が繊細なんですかね。
舌でしっかり味わうラーメンでございました。
メニューが多岐にわたるので、
また近くを通った時は再訪でございますね!!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2021 All Rights Reserved.