久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

つけ麺 繁田@神戸市・六甲道・新在家

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
『つけ麺 繁田』でございます!!

店舗情報

お店:つけ麺繁田
場合:兵庫県神戸市灘区桜口町5-1-1
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
定休日:月曜日・第2火曜日
※月曜が祝日の場合、火曜
久世のオススメ
特製つけ麺 1380円
大盛り 150円

スポンサーリンク

メニュー

2022年10月現在のメニューはこのようになっております。

特製つけ麺・大盛り

兵庫のラーメン激戦区、六甲道・新在家エリア。
ここが激戦区と呼ばれるのは「ヒキュウ」があり、「いっぽし」があり、「一芯」があり…
そして「繁田」があるから。
2014年、三木市に「房’s」としてオープンし、2015年12月に今の場所へ改名移転し、はや7年。
激戦区の象徴として、常に大行列のお店です。
6年ぶりの訪問で、覚悟を決めて1時間ほど並び『特製つけ麺・大盛り』を頂きました。

着丼してひと言…さすがの完成度ですね!!

久々の訪問過ぎたので、奮発して『特製』を選択。
『特製』にする事で、ベーコンが厚切りに。
豚チャーシューが2枚になり味玉も付き、別皿提供になります。
宮崎ポークを使用した絶品です。

そしてこのつけ汁。
「房’s」の時に衝撃を受けた濃度。 そこから神戸に移転し、万人受けを目指して抑えられた濃度。
そこから月日を経て、超濃度に戻ってるじゃないですか!
ただ…「房’s」の時の濃度と違い、荒々しさよりも、上質さが上回る濃つけ汁です。

そしてなんといっても…麺ですよね。
厳選された国産小麦を5種使用した自家製極太麺は茹で時間15分。麺線の美しい盛り。

小麦が香り、噛むたびに独特の甘さを感じる極太麺。
昔のようにつけ汁を1/3程度つけて食べるのがイイですね!

途中からは卓上の七味唐辛子をかけて楽しみ…

最後はスープ割りでフィニッシュ。
このスープ割りも魚介が香る極ウマスープでした。
兄弟二人の独学の積み重ねで生まれたつけ麺は、いつしか兵庫を代表するお店になっていました!!

スポンサーリンク

つけ麺

昨年のらぁ祭兵庫で訪れた三木市のつけそば房’sが
六甲道に移転オープンしたのが2015年12月のことでした。
いつかは行かなくては!と思っていましたが、
まさかしゅはりの横にあるとは。
思わぬ形でお店に出会い、連食となりました。

{A25EFD7B-2882-4A5D-9488-1D7032F1684F}

つけ麺 繁田ですから基本のつけ麺を注文し、
しばし待ちます。

{B110BF0E-2CF4-4668-A80F-F1FF2503273F}

むむむ?!
房’sの時とは違って
かなり高級感の溢れる見た目のつけ麺が登場。

{DAFED7F1-ADCB-4DDC-AB45-DDC46D8F2318}

ひねりを加えられて美しく盛り付けられた極太い麺にの上には、
丁寧に作られた豚チャーシューと鶏チャーシュー。

{466035F2-9D49-483F-A6F1-FB03DA41D70C}

器がかなり高級感に溢れるようになったとはいえ、
超濃厚は変わらずを感じさせるスープの色。
「まずは何も付けずに麺を味わって下さい。」と言われたので、
2本ほど麺だけを頂きました。
麺だけだとより一層強く小麦の風味を感じることが出来ました。

{3959E97A-A539-4C8C-ACAD-EC004798E578}

そして、いよいよつけ汁に麺をイン!!
……。ん……そんなに濃くない…。
味自体は濃いのですが、房’sの時のような
ハイパーな粘度がないのです。
房’sと言えば調理工程で何度もレンジを用いる
つけ麺版まりお流のような粘度が特徴だったのに。
しかし…前のお店との違いを抜きにすれば、
しっかりと旨いつけ麺。
柚子の香りが豊かで、無化調でありながら
この絡み方が極太麺とできるスープはさすが。

{A828C3AC-F098-43DB-AEBC-D14BCDCB7DFE}

最後の丁寧なスープ割りでまた美味さが口の中に広がりました。
お店の中に、房’sの暖簾も飾られていましたが、
また新たに「繁田」のつけ麺として
新しい道を歩まれているようです。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2022 All Rights Reserved.