久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麦×鶏(むぎととり)@大阪市中央区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
麦×鶏(むぎととり)でございます!!

店舗情報

お店:麦×鶏(むぎととり)
場所:大阪府大阪市中央区南船場3-1-16
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00※L.Oは30分前
定休日:日曜日
久世のおすすめ
麦×鶏 900円

スポンサーリンク

メニュー

2019年7月現在のメニューはこのようになっております。

麦×鶏

2019年6月17日に南船場にオープンした新店です。
隣には中華そばなおやさんがあり、
近くにはサバ6さん、座銀さん、たか松さんと
急激にラーメン激戦区になっている北心斎橋エリア。
店内はかなりオシャレな造りになっていました。
ラーメンとつけ麺で鶏と雲丹から選ぶシステム。
初回は屋号の「麦×鶏」を頂くことにしました。

席に案内される段階でしっかりとしたおもてなしを感じます。
このあたりは座銀さんに通じるところがあるでしょうか。
そして、着丼の瞬間に驚くこととなります。

見たこともない大きさの器で提供される一杯。
間違いなくお金をかけて作られた器ですね。
「映え」を意識したプレゼンかも知れませんね。

肝心のラーメンは、泡泡で仕上げられた鶏白湯。
泡の白さで2枚の鶏チャーシューに彩りの野菜。
全く見えませんが三角切りとなったメンマも入っていました。

スープはさらりと仕上げられていてあっさりした鶏白湯。
しっかり鶏を感じるのに、飲みやすくレンゲで何度もすくってしまいました。

麺は角刃を使った中太麺を採用。
もちもちとした食感で、かなり存在感を感じます。
ただ、器が大きすぎるので、
かなり前のめりにならないと食べづらいというのはありましたね。
麺を食べ終えると、大きな器を傾けて最後までスープを完飲。
とにかく器のインパクトが凄いお店で、
一度ネットで見たら行きたくなるという狙い通りに惹きつけられました。
そしてお隣の方が食べていた「つけ麺」も「映え」な仕上がり。
雲丹を使用した麺も気になるので、また訪問します。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.