久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

支那そば屋 翠月(すいげつ)@富山県富山市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
支那そば屋 翠月(すいげつ)でございます!!

店舗情報

お店:支那そば屋 翠月(すいげつ)
場所:富山県富山市東老田415-1
営業時間:月~金 11:15~14:30 17:30~21:00
土日祝 11:15~21:00
定休日:木曜日・第3水曜日
久世のおすすめ
しおねぎワンタンメン 1030円

スポンサーリンク

メニュー

2018年9月現在のメニューはこのようになっております。

しおねぎワンタンメン

台風の影響で数年ぶりに車で仕事に向かった富山県。
ここぞとばかりに未訪問ラーメン店を探しました。
そこで出てきたのが「支那そば屋 翠月」さん。
なんでも「支那そばや」で故・佐野実氏に師事していた方のお店だそう。
初訪問の今回は人気No.1と書かれていた「しおねぎ」のワンタンメンをチョイス。

到着したのは、まるで花びらのようにトッピングが一面を覆う一杯。
真ん中に刻みネギ、極太メンマ、青菜。

そして大ぶりチャーシューと、プルプルワンタンという充実ぶり。

一口スープを飲むと口の中に広がる旨み。
使われているのは利尻昆布、山形産あご節、宮城産さんま節、徳島産の干海老の魚介系。
さらに動物系は名古屋コーチンと蔵王土鶏と全国から厳選された素材を使っています。
透明感あふれる清湯スープですが、実にしっかりとしていてギャップに驚かされます。

麺は北海道産小麦を使った自家製麺で、
角が立つストレート細麺を採用しています。
スープの旨さと、トッピング一つ一つの充実ぶり、
麺とスープのバランス感であっという間に麺がなくなっていきました。
富山市の郊外ともいえる場所で、
一杯880円がデフォルトの価格というのは少し高く感じましたが、
使われている贅沢な素材の数々を知って、それも納得。

魚津には「吉村家」を継承した「はじめ家」がありますが、
富山市には「支那そばや」を受け継ぐお店がありました。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.