久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

洛二神(らくにじん)@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
洛二神(らくにじん)でございます!!

店舗情報

お店:洛二神(らくにじん)
場所:大阪府大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F
営業時間:11:30~14:50 18:00~23:30※お店のTwitterより
定休日:日曜日
久世のおススメ
超煮干そば 800円

スポンサーリンク

メニュー

2019年2月現在のメニューはこのようになっております。

超煮干そば&チャーシューきざみご飯

茶屋町から中崎町方面に歩き、目的店が臨時休業だったので、
そのまま天満方面まで歩き、偶発的に4年ぶりの再訪問となりました。
これまでは「魚濃つけ麺」ばかり選択していましたが、
メニューに「超煮干そば」というものを発見!
お昼時は100円で食べられるという
「チャーシューきざみご飯」とともに頂くことにしました。

少し変わった波打つ器に入って到着した「超煮干そば」。
洛二神さんにここまで煮干しが強いメニューが誕生していたとは…。

色々とカスタムできるトッピングメニューもありますが、
デフォルトの状態で2種のチャーシューが入っています。

そしてこちらが「超煮干」スープ。
粘度が高いわけではありませんが、じっくり染みわたる煮干し感です。
Twitterに書かれていたことによると、
平子鰮煮干に伊吹産いりこ煮干を合わせ、最近リニューアルされたもの。
以前よりもより濃く、より深くなった煮干しスープだとか。

そこに合わさるのは、縮れの入った細麺。
粘度が高くなくとも、しっかり麺とスープが絡みつきスルスルと進みます。
洛二神さんの上品さを保ちつつ、しっかり攻めた煮干しそばですね!

そしてこちらが「チャーシューきざみご飯」。
ひと目で思ったよりチャーシューが細かく刻まれていることが分かります。
そしてしっかり混ぜ合わせて食べるとまた驚き。
少しアジアンな雰囲気も感じるご飯で、何とも旨い!
少しオリジナルのスパイスも加わっているのかも知れませんが、
100円でこれが楽しめるならマストのサイドメニューかも知れません。
すでに老舗の雰囲気も漂うお店ですが、
少しずつメニューに変化を加える進化店でもありました。

スポンサーリンク

魚濃つけ麺2015ver

※2015年7月の再訪ブログです。
前回書いたのは2010年1月のこと。
新たにすべて写真に収めてきたので書き直しです。
場所は変わっていませんが下の昔の記事と見比べると
暖簾が変わったのだなということに気づかされます。

IMG_2220.jpg

メニューは今回初めて載せます。
何を注文したのか覚えていなかったので、
自分が一番名前に惹きつけられた「魚濃つけ麺」をピックアップ。
まさか前回とまったく同じメニューを注文するとは…。
5年前と好きなものの種類は変わっていないようです。

IMG_9452.jpg

見るからに魚が濃そうなスープの登場。
5年前によりもスープのにごりが濃くなり、
麺が太くなったのかな?という印象でした。

IMG_8038.jpg

メニューの名前を全く偽らない、まさに魚が濃い一品。
動物ベースの鶏ガラと、魚介ベースにサバ節、煮干の融合ですが、
とにかく…魚を存分に感じるのであります。

IMG_8578.jpg

スープの粘度が高いわけではないのに
しっかりと絡みつく魚スープ。
大葉の清涼感も相まって、もう少し食べたいなと思ううちに完食。
そして最後はしっかりとスープ割りで締めくくり。
Wスープがそこまで一般化していなかった時代、
魚スープが大阪に浸透していなかった時代から
後に激戦区と言われるようになる天満、天六にあり続けるお店。
すでに老舗の風格をもちつつあるお店でございました!!

魚濃つけ麺2010ver

※下記は2010年1月訪問時のブログです。

久世日記

扇町と天神橋筋六丁目のちょうど間にあります。
魚系の中華そば専門店なんですが、
つけ麺もあるんです。
これがまたすごい!!
その名も「魚濃つけ麺」!!
「御注意 魚苦手な方 御遠慮下さい。」
って横に書いてます。
それくらい魚の濃厚なつけ麺。

久世日記

数量限定と書いておりますが、
僕が注文した瞬間、つけ麺は売り切れになりました。
やはり人気商品のようです!!
本当に濃厚な魚のスープ。
トッピングのしそもよく合うんです!!
濃厚なとんこつっていうのは結構あるんですが、
こんなに濃厚な魚スープは関西にはほとんどないでしょう!
天六界隈はつけ麺で賑わっていますが、
間違いなく訪れておきたいお店です!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.