久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ラーメン人生JET@大阪市福島区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
ラーメン人生JET(ジェット)でございます!!

店舗情報

お店:ラーメン人生JET
場所:大阪府大阪市福島区福島7-12-2
営業時間:11:00~15:00 18:00~23:00
定休日:年中無休
久世のおススメ
鶏煮込みつけ麺 880円

スポンサーリンク

自分のブログを見ていて、随分長い間更新していないな~。
と、感じていたお店が「ラーメン人生JET」さん。
下にある過去の訪問ブログをみると、
「東成きんせいの2号店」なんて、いつの話だよ!って感じです。
当然、福島界隈にも行くことはありますが、
JETさん、燃えよ麺助さん、三くさんは諦めるくらいの行列の時が多いんですよね。
満を持して、閉店間際を狙って久々の訪問でした。

メニュー

2018年2月現在のメニューはこのようになっております。
行くとは決めていたものの、何を頼むか決めていなかったので、
券売機の前でかなり迷うことになってしまいました。
あまりにも種類が多いので、今回は自分が直感で食べたいと思ったものを。

鶏煮込みつけ麺

それがこの「鶏煮込みつけ麺」。
JETさんと言えば「鶏煮込み」っていう印象があるんですよね。
勝俣さんがTVで紹介したとかで、強烈な行列の時期もありました。

国産の鶏がふんだんに使われた濃厚スープは、
高い粘度もさることながら、旨味がギュギュっと詰められています。
泡系なんていうのが流行した時もありますが、
その濃厚さで自然と泡立っているのもいい感じですね。

その濃厚スープの中には、薄切りチャーチューとメンマ、
さらに角切りチャーシューまで潜んでおります。

その麺に合わさるのが、自家製の平打ちストレート麺。
麺の揃いを眺めるだけで嬉しくなるお店がいくつかありますが、
JETさんの麺の光沢と並びはその代表格ですね。

見るからに旨そうなスープと、美味そうな麺を合わせれば、
……そりゃ、ウマいわけです!!
麺は少しアルデンテの感じがするカタメの仕上がり。
ツルツルの表面と、シコシコの食感が印象的で、
文字通りスルスルとなくなっていきました。
今回は「鶏煮込みつけ麺」を選択しましたが、
つけ麺好きからすると気になるのが、
「鶏軍、暁の出撃」という名のつけ麺。
終了限定のため、行列覚悟でいける時にまた再訪です。

※玉造にある「JET600」のブログはコチラです。

スポンサーリンク

煮干し塩ラーメン2011Ver

※2011年3月の訪問ブログです。
関西で勢いを増す「きんせい」。
このお店は東成きんせいの2号店なんですね!!
2010年6月にオープンされた新しいお店です。
JR福島駅のほど近くにある大阪の激戦区ですね。
メニューはこちら!!

久世日記

本当は数量限定の「鶏煮込みそば」を食べたかったのですが、
やはり人気店ということで行った時間では売り切れ。
そこで「煮干し塩ラーメン」を注文することに。

久世日記

見事な黄金スープですね!!
鶏の清湯と魚介の融合でございます!!
じっくりと舌に残るうまみを楽しんで飲みたいスープです!!
自家製で細めの平打ちストレート麺が絡みます!!
トッピングはバラチャーシューとメンマ、のり、三つ葉、ネギ!!
非常にシンプルですが、
これがこのスープに1番あってますね!!
気がつけばスープをすべて飲み干していました!!
また違うラーメンも食べてみたい!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.