久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺屋彩々 昭和町本店@大阪市阿倍野区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は
麺屋彩々昭和町本店でございます!!

店舗情報

お店:麺屋彩々 昭和町本店
場所:大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
営業時間:11:30~14:30L.O 18:30~21:30L.O
定休日:不定休
久世のおススメ
味噌つけ麺(並) 930円

スポンサーリンク

味噌つけ麺2017ver

ラーメンブーム初期の頃から名店として名を馳せる
「彩々」さんに久々の訪問。
2017年現在のメニューはこのようになっています。

そんな中、僕は再び「味噌つけ麺」を選択。

相変わらず食欲をそそる見た目ですよね。

濃厚鶏スープと、黒大豆味噌が融合したスープの中には、
長ねぎ、しめじ、ひき肉、角切りチャーシューがどっさり。
さらに存在感を際立たせる煮卵が!!

麺は平打ちの極太ストレート麺を採用。
スープの強さと麺の強さが絶妙なバランスを保っています。
僕が味噌系をあまり好まないのは、
どうしても味噌一人勝ちになるスープが多くて、
同じような味になることが多いからなのですが、
こちらは鶏スープと味噌が見事に合わさり唯一無二感を出しています。

最後のスープ割りでこちらの鶏スープの実力を
より強く知ることが出来ますね。
さすがの一杯でございました!!

清澄塩ラーメン2017ver

そして、こちらが同行者が注文した「清澄塩ラーメン」。
彩々さんの鶏スープをまた違った形で楽しむことが出来ますね!
大ぶりのチャーシューと半分煮卵、海苔に、
存在感たっぷりの菊菜がラインナップ。
鶏清湯を塩でいただくことでスープの奥深さをより感じます。

麺は丸味が特徴の中細麺を採用。
スープの強さに合わせた麺選びというのが、
食べ比べることで伝わってきますね。

黄金スープの鶏塩ラーメン。
幅広い世代と性別を選ばない
人気の高さの理由がよく分かる再訪問でした。

スポンサーリンク

味噌つけ麺2012ver

※2012年の訪問ブログです。
かなりの有名店でありながら、足を運べていなかったお店。
今月、突発的に大阪に雪が降り、
それならお客さんは少ないのではないかと想像。
やっとこさ行って参りました!!
東住吉区駒川から移転してきたのが2011年8月のことです。

久世日記-IMG_4028.jpg

メニューはラーメンの種類が豊富。
ただつけ麺の種類は1つです。
ラーメンにしようかとも思いましたが、
味噌つけ麺の印象が強かったのでそれに!!

久世日記-IMG_4240.jpg

彩々さんのつけ麺は並で300gあります!!
関西でもつけ麺を出すとことろがかなり増えましたが、
かなり麺の量にバラツキがあるんですよね。
何gか書いてくれているところは分かりやすくてありがたいです。

久世日記-IMG_4215.jpg

旨味凝縮の鶏白湯と自家製の黒大豆味噌の融合!!
味噌の風味が漂います!!

久世日記-IMG_0580.jpg

味噌にあうトッピング、長ねぎ、しめじ!!
煮玉子、ひき肉、角切りチャーシューが入っております!!

久世日記-IMG_9524.jpg

平打ちの麺はツルツルで本当に良い食感!!
そしてスープとの絡みは最高です!!
300gって結構な量なんですけど、
するするっとなくなっていきます!!

久世日記-IMG_9949.jpg

最後は鶏の旨味凝縮のスープ割りを頂いて大満足!!
でもこれを食べると次は鶏だけをじっくり堪能したくなりますね~!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.