久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

フスマにかけろ 中崎壱丁@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
フスマにかけろ 中崎壱丁でございます!!

店舗情報

お店:フスマにかけろ
場所:大阪府大阪市北区中崎1-6-18
営業時間:11:30~14:30L.O※土日祝は15:00L.O
18:30~23:00L.O※金土は24:00L.O
定休日:ほとんど無休
久世のおススメ
鶏魚貝塩らーめん 800円
【正月限定】贅沢!犬鳴豚清湯塩らーめん 1200円

スポンサーリンク

メニュー

2019年3月現在のメニューはこのようになっております。

鶏魚貝塩らーめん

元日に限定は頂きましたが、レギュラーメニューはかなり久々。
現在のスタンダードメニューとなっている
「鶏魚貝塩らーめん」を頂くことにしました。

まず、こんなに変わっていると思っていなくて、着丼の瞬間から驚くことに。
この一杯には、大きな大きな海苔が蓋の役割を果たして登場するのです。
有明産の大きな海苔は、この麺の香りを閉じ込める役割で、
めくった瞬間を目と鼻で楽しんでほしいという意図があります。

その海苔の下に隠れているのが、このビジュアルの一杯。
ブログに載せるように写真を撮るのは、なかなか苦労する一杯です。
まさに黄金と呼ぶのに相応しいスープに…

デフォルトで2種のチャーシューが、3枚入る贅沢仕様。
低温でじっくり調理されたレアチャーシューから、
スープに旨味が溶け出すのでチャーシュー抜きはお断りだそうです。

煮干、昆布から抽出された和出汁、
若鶏からとられた、鶏出汁と鶏油、
アサリ、ホタテからとられた貝出汁が合わさる黄金スープ。

そこに麺屋棣鄂の特注麺が加わります。
やや低加水のストレート麺と、黄金スープが見事に合わさり、
フスかけさんならでは安定感を感じる一杯でした。

スポンサーリンク

【正月限定】贅沢!犬鳴豚清湯塩らーめん

気が付けば4年ぶりの再訪問になったフスかけさん。
隣にオープンした「頭上注意」さんもオープン以来なので久々の中崎町麺でした。

訪問のキッカケは元日限定麺のTwitter情報。
ということで限定の「贅沢!犬鳴豚清湯塩らーめん」を頂きました。

着丼の瞬間に「正月」を感じるビジュアルの一杯。
背脂で少し覆われているのが、またいい見た目のアクセントになってますね。

このおめでたい色合いを演出してくれるのは鮮やかなかまぼこと、
大阪・泉州の銘柄豚「犬鳴ポーク」のピンクバラチャーシュー。
これは、つくねも背脂も含めすべて犬鳴豚で彩られた一杯なのです。

スープはその犬鳴ポーク豚骨からじっくりと抽出された極上清湯。
豚骨からの甘みをじんわりと感じる清湯に、
沖縄塩と酵素塩から生まれた塩ダレが合わさります。

麺はツルツルの食感を重視した加水率高めのストレート麺。
三重県産あやひかりという小麦を使用した麺だそうでこれもまた絶品。
もちろんスープを一滴も残すことなく完飲。
2019年一発目からラーメンの進化、そして可能性を感じる一杯でした。

貝汁柚香らーめん

※2013年1月に再訪いたしました!!
宣言どおりの夜の訪問。

久世日記-IMG_4229.jpg

It’s しょうゆナイト!!
券売機だけでは何にするべきかよく分からないので
外に置いてあるメニューをしっかり見てから入店をおススメ。
注文は「貝汁柚香らーめん」。

久世日記-IMG_0992.jpg

お顔が美しい!!
またまた繊細なラーメンが登場いたしました。

久世日記-IMG_4608.jpg

若干レアさが残るチャーシューとあさりがとにかく目立ちます!!
たまごとかいわれ、メンマが彩りを鮮やかにします。
しょうゆナイトと言っても全く主役ではありません。
魚介、貝などの匂いが1番の主役。

久世日記-IMG_4224.jpg

細い麺、太い麺を選ぶのですが
私は細い方を選択。
この湯で加減もね、絶妙なんですよ!!
器に移してからお客さんの前に行くまでに麺は少し変わりますからね。
そういった時間がしっかりと計算されている感じですね!!
どこかしらのパンチ力を重視し続けた20代。
とことん濃厚であるものをジャンクであるものを求めていました。
30代になり、しっかりとした仕事人が作る1杯に惹かれます。
繊細さがあり、こだわりがあり、丁寧であるもの。
ここのラーメンは絶品です!!

スポンサーリンク

ジンジャーふすかけヌードル

※2012年11月に再訪です。
この日からの限定ラーメンが登場していました。

久世日記-IMG_0585.jpg

ジンジャーふすかけヌードル。
この日から登場ということでさっそく食べてみることに。

久世日記-IMG_3851.jpg

鶏ガラベースの醤油スープに生姜が入った繊細なスープ。
生姜がしっかり感じられるんですが、
決して尖った味はせずまろみを感じる優しい味。

久世日記-IMG_3640.jpg

大きめのレアチャーシューなんですが、
上の写真と見比べてみてください。
スープに乗っているわずかな時間に火が通っていきます。
先に一口食べて、その変化後の味も楽しんでください!!

久世日記-IMG_3867.jpg

今回の限定ラーメンは麺の種類は選べませんでした。
いやはや麺も本当に美味しいですよ!!
やはりこのお店のクオリティはとても高い!!
また次は夜に行きます!!

ひるしお 肉そば

※2011年の訪問ブログです。
看板を見る限りではどれが屋号か非常に分かりづらいんです。
店内に入ると分かりやすくなるんですが。
「ふすまにかけろ」の「ふすま」は麦に皮という漢字なのですが、
まったく漢字を見つけられなかったので常用漢字ではないかも知れません。
2011年4月に開店したお店です!!

久世日記-IMG_0773.jpg

昼は「しお」、夜は「しょうゆ」のみの販売みたいです!!
ですので必然的に注文は「しお」になりました。

久世日記-IMG_1805.jpg

またまた見た目で「おお!!」と思う完成度のラーメン。
目を奪っていくのが玉子に押された「フスマ」の焼印でしょうか。
食べ方にも書いてますが、
スープを飲む場所によって味が変わるんです。
ベースは鶏ガラと魚焼骨。
鰹、サンマ、焼あご節、アサリ、干し貝柱などの
魚介が加わっているみたいです!!
麺は「つるつる」と「もちもち」から選ぶのですが
僕は言葉の響きで「もちもち」を選びました。

久世日記-IMG_4362.jpg

平打ちになっていてこれがまたこのスープに合うんですね~!!
レアチャーシュー、カイワレ、アサリと全てが良いんですが、
結構複雑に出来ているのでもう1度じっくりと味わってみたくなります。
なかなか1度だけでは整理できません!!

久世日記-IMG_3654.jpg

テーブルにあるのはえび油とご飯用ふりかけ、さんまのマンマ。
ご飯は心付けでいくらか入れて自分で茶碗によそいます。

久世日記-IMG_0674.jpg

サンマのまんまふりかけをかけて食べ、
残り半分のご飯は残ったスープに浸しながら食べます!!
最後の最後まで楽しめるラーメンです!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.