久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

Ramen辻@大阪市中央区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
Ramen辻でございます!!

店舗情報

お店:Ramen辻
場所:大阪市中央区鎗屋町1-1-10
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜22:00 ※土曜日、祝日は昼営業のみ
定休日:日曜日
久世のオススメ
<白湯>醤油 750円
<白湯>塩 800円

スポンサーリンク

<白湯>塩

※2017年9月の再訪ブログです。
昨年以来、久々にラーメン辻さんへ訪問。
オープンから1年が経ち、
12時前に到着でも行列がある人気店になりました。

今回は、前回訪問時にはなかった塩を半熟煮玉子入りで。

ハンドミキサーで仕上げられた泡々が印象的なのは塩も同じ。
ただ醤油の時と違うのはブラックペッパーが
かなり散りばめられていること。

トッピングには豚チャーシュー2枚と鶏チャーシュー2枚、
刻みオニオンと切り方に特徴のある青ネギに、
前回は写真に収められなかったフリッタータ。
店主はフリッタータではないとおっしゃっているようですが、
他に訪問した人が数多くそう表現し、
他に呼び方も思いつかないのでフリッタータで!
ナンコツの食感も心地よい極ウマのトッピングでした。
鶏チャーシューは、塩味を強めに感じる仕上がりに。

スープは白湯ではあるものの舌触りは実にさらりととしていて、
かなりシャープに塩味を感じます。

兵庫県赤穂産地鶏の卵を使用した半熟煮玉子は、
醤油ダレが黄身までほどよく浸透する熟成仕上げ。

その一杯にパツンと食感のストレート細麺が合わさります。
1つ1つ食材の旨さを感じつつスープも飲み干して完食。
オフィス街のため、たくさんのサラリーマンの方はもちろん
年配の方や、女性の方も訪れる老若男女に好かれるお店になっていました。
今度は夜、土日限定のつけ麺を頂きたいと思います。

スポンサーリンク

<白湯>醤油

※2016年11月の訪問ブログです。
2016年6月29日、谷町四丁目駅の北西側にオープンしたお店で、
大阪で特に麺にこだわるお店出身の方とのことです。
都心に現れた和の雰囲気も漂う外観は、
一見するとオシャレな小料理屋さんにも見える佇まい。

{3C09788F-C7E2-4438-944F-708F5F0840A0}

メニューは実にシンプルで「醤油」と「肉醤油」のみ。
今回は「醤油」に限定15個の半熟煮玉子をトッピングしました。

{1ED2994C-12D5-43D5-8FD8-FD76DA822AEE}

登場したのは、泡泡の一杯。

{BD06A11C-0640-436D-A3DE-F7894482CD92}

豚のレアチャーシューと鶏チャーシューが、
豪華に4枚ラインナップ!!
泡泡に仕上げられたスープは、鶏と豚とが融合した形。
鶏の方が強く仕上げられ、濃厚ながらアッサリとしたあとクチ。
そして食べ進めているとあまり見たとのないトッピングが。。
しかも写真に収めていなかったのですが…。
鶏なんこつが入った卵焼きのようなもので、
他の方のブログを見ていると
フリッタータと表現されている方もいましたが、
とにかく、一風変わった美味いトッピングでした!

{F5D964D9-B945-4517-B48B-4D4FF3539473}

麺は棣鄂さんのストレート麺を使用。
やや細めで加水率が低く、パツンという歯ざわりと、
クリーミーなスープが見事に融合していました。
開店から4ヶ月が経ってもまだメニューは1本で勝負されています。
また塩とヘタ丼を味わいに…
そして、あのナンコツオムレツをもう一度味わいに再訪です。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.