久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ストライク軒 NOODLE STUDIO@兵庫県西宮市甲子園球場

2022/05/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回ご紹介するお店は、
『ストライク軒 NOODLE STUDIO』でございます!!

店舗情報

お店:ストライク軒 NOODLE STUDIO
場所:兵庫県西宮市甲子園町1-82 甲子園球場レフトスタンド1F
営業時間:11:00〜15:00
定休日:月曜日
久世のオススメ
ドロップ(油そば)

スポンサーリンク

メニュー

2022年5月現在のメニューはこのようになっております。

ストレート(中華そば)

オープンからメニューが増えたと聞き、少し早めの入り時間の日に新メニューをチェック。

だからこそ甲子園にオープンした!という、ストライク軒ならではの球種メニューが2つ増えていました。
『カーブ』も気になりますが、やはり基本は『ストレート』ですね!

こちらが昔ながらの中華そば『ストレート』!!
1983年に店主アッシーさんが食べた初めての中華そばという、豊岡市の「ふくや」を再現された一杯だそう。

醤油スープの上に、もやしとチャーシュー、大きめメンマ、ネギ、ナルト、海苔、ネギというラインナップ。

少しだけ甘みを感じるキレある醤油スープは旨味がじんわり広がり…旨いですね!!

そしてその醤油スープには思ったより太めの中太麺が合わさります。

別皿で提供される指宿鰹節を加えて味変も。
シンプルだけど…深い、旨い、そんな中華そば。
やっぱり野球もラーメンもまずは基本からですね!
店内で久々にアッシーさんともお話し出来ました。また新たなメニューが生まれるとのことですので、またその時に伺います!!

スポンサーリンク

ドロップ(油そば)カラアゲドロップ

天六の人気店「ストライク軒」などを運営される芦田さんが、4月5日、なんと甲子園球場に新店をオープンされました。
甲子園開幕ゲームから3試合連続でMCで甲子園に行ってましたが、なんとか入り時間より早く甲子園に向かい初訪問。
レフトスタンド外周に「ストライク軒 NOODLE STUDIO」を構え15時までの営業。
16時に開門してからは場内の「ストライク軒 甲子園球場店」になるというシステム。

甲子園開幕から6連戦は、場内メニューでだけ提供となる『ドロップ(油そば)』を限定販売ということで、そちらを頂くことに。

こちらがその『ドロップ(油そば)』。
なんでも関西にはまぜそばはあっても、本格的なの油そばが少ないと友人に言われたことをキッカケに、関東で油そばを勉強されたそう。

追加トッピングのカラアゲに、チャーシュー、細切れチャーシュー、ナルト、ネギ、メンマ、海苔、フライドの何か…というラインナップ。

下の醤油ベースのまぜ油をしっかりと纏わせて頂きます。

しっかり強めの味付けで、油ダレの旨味が麺によく絡みスルスルと進んでいきます。
麺量は並だと結構少なめですかね。

そしてカウンターには途中からの味変材料も。

ラー油、お酢、指宿鰹節をプラスして楽しみました!
しっかり濃い味で楽しむ油そば。
芦田さんの探究心の広さがまた伺える一杯でした。
4月15日からはレギュラーのラーメンが楽しめるそうなので、またスタジアムMCの時に伺います!!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2022 All Rights Reserved.