久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

『麺屋NOROMA 濃厚鶏そば』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

2020年3月24日から全国のファミリーマートに数量限定で登場したのが、
『麺屋NOROMA 濃厚鶏そば』。

麺屋NOROMA」は、2012年に奈良の京終にオープン。
屋号のインパクト、JUNKSTORY出身の方のお店、
その確かなクオリティーの高さで、奈良県でずっと人気のお店ですね。
その「NOROMA」が監修したのが、この「濃厚鶏そば」。

中にはかやくと粉末スープ、液体スープの3種。
液体スープを残し、麺の上に投入し、お湯を注いで5分。
ノンフライ麺のため、液体スープを入れる前によくほぐします。
最後は液体スープをよく混ぜ合わせて完成です。

かやくトッピングはチャーシュー、ナルト、ネギのみ。
それだけこのスープの再現にコストをかけました!
って感じの鶏白湯になっています。
いくら監修しているとはいえ、
店舗とカップ麺で同じレベルを求めるのは逆に失礼なこと。
ただ、この鶏白湯はちゃんとNOROMAを感じるのです。
カップ麺の進化スピードも凄いものがありますが、
こういうスープをカップ麺で再現する時代なんだなと驚きました。

濃厚ながらクドくないスープに合わさるのは、ノンフライの中太麺。
液体スープ投入までにしっかりほぐしておかないと
結構麺がくっついたままになると思います。
美味しくいただくポイントはこのほぐしかも知れませんね。
麺の存在感とスープの強さのバランスも良く、
奈良の名店の味がうまく再現された一杯でした。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.