久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

2020年4月6日にリニューアル発売された
『博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん』。
博多ラーメン巡りで口コミ検索すると
必ず上位に出てくるお店でずっと気になっていましたが、
実際にお店を訪れる前にカップ麺を頂くことになりました。

青の派手なパッケージで、色々と書いてありますが、
なんと言っても「熱湯90秒」の表示に目が行きます!

フタを見てみるとオススメが90秒のカタ麺。
さらに10秒早い超カタ麺に、普通でも120秒。
ブログのために写真を考えている僕にとっては…焦りますね…。

トッピングは肉そぼろ、ネギ、キクラゲで2019年版に比べて、量が2倍になっているそう。
もちろん粉末スープも入ったオールインワン。

フタの上にはおなじみの「仕上げの小袋」ですね!
お湯を注いでわずか1分半。
調味油を入れてかき回したら、慌てて実食。

スープはライトな豚骨スープ仕上げでサラリとしています。
豚骨ベースに、鶏ガラ、たまねぎ、にんにく、しょうがの香味野菜が加わり
他の豚骨カップ麺に比べて豚骨臭のない親しみやすいスープです。

そしてなんと言っても気になるのはこの麺ですね。
90秒ということで、やはり硬めの仕上がりで、少しサクッとした食感も残っています。
かなり小さめの肉そぼろも少しそのサクッと感が…。
やっぱり90秒って早いよね…と思ってましたが…
途中から普段味わえないその食感がクセになってきます!
最近は5分待ちのじっくりカップ麺も多い中で、
90秒仕上がりというのはインパクト大!
なんかこのブログ書いてると…またあの食感を確かめたくなります!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.