久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

鯛白湯らーめん ◯de▽(まるでさんかく)@大阪市淀川区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
鯛白湯らーめん ◯de▽(まるでさんかく)でございます!!

店舗情報

お店:鯛白湯らーめん ◯de▽(まるでさんかく)
場所:大阪府大阪市淀川区西宮原1-5-6
営業時間:11:00~14:30 18:00~22:30
定休日:なし
久世のオススメ
鯛白湯とろり&鯛めし(小) 1030円

スポンサーリンク

メニュー

2020年1月現在のメニューはこのようになっております。

鯛白湯とろり&鯛めし(小)

2018年11月、新大阪駅から西へ歩いて7分ほどのところにオープンしたお店。
「座銀」や「神虎」を展開する「銀の葡萄」の新ブランド店で、
屋号通り鯛白湯を専門に扱うお店なんだそう。
「◯de▽」とは「まるでラーメン屋じゃないみたい」と
お客さんにも従業員にも感じてもらいたいから名付けられたとか。
注文は「鶏白湯とろり」と「鯛めし(小)」のセットを。

座銀さんのように割烹のような雰囲気のある着丼。
この時点で、さすがと思わせてくれますね!!

鯛白湯の泡泡に彩り豊かなトッピングたち。

レアチャーシューの上には、鯛のほぐし身。
ドデカメンマに、山椒の葉と一味も彩りを鮮やかにしてくれています。

そしてスープをひと口飲めば…鯛ーーーー!!
上品なんだけどしっかり濃厚味のまさに鯛白湯!!
天然真鯛と水のみを8時間炊き込んだ鯛白湯に
数種の貝エキスが加えられたという魚貝スープ。
見た目だけではないハイレベルスープでした!

そこに合わさるモチツルの中太麺。
ツルツルと食べ進めていく間に挟むのが…

鯛めし(小)。
鯛出汁で炊き上げられた薄味仕上げで、
ほんのりと生姜も香るミニご飯。
残ったスープを入れて鯛茶漬けにするのも良いのですが、
今回は交互にスープと味わってフィニッシュ。
お店のネーミングで惹きつけられ、
お店の雰囲気で驚き、その確かな実力にウンと唸る。
知名度が上がっていくお店には訳がありますね!!
次は昼夜で種類が変わる「つけ麺」を頂きに行きます。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.