久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

だてそば@岡山県岡山市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
だてそばでございます!!

店舗情報

お店:だてそば
場所:岡山県岡山市北区表町2-3-60
営業時間:月木金 11:30~15:00
土日祝 11:30~17:00
定休日:火水※祝日の場合は営業
久世のおすすめ
そば定食 1150円

スポンサーリンク

そば定食

4月から始まった週1岡山生活。
食べログを眺めていて
どうしても行きたかったお店が「だてそば」さん。
でも定休日が火水なのでオンエア日には行けなかったのです。
ところがGWの5月3日祝日は営業しているということで、
ラジオ前に念願の訪問となりました。
ただ知名度も高い老舗中の老舗なので大行列でした。

メニューを眺めてそば定食かかつ丼定食かで
かなり迷いましたが、これは一応ラーメンブログということで、
今回は並の支那そばと小さなカツどんのそば定食を選択。

支那そば

まずは支那そばが到着。
まさに「昔ながら」という表現がピッタリの一杯。

トッピングはチャーシュー2枚とたっぷりメンマとネギのみ。
種類は少ないながらに各トッピングが凄いボリューム。
シンプルな醤油スープは、
鶏ベースと魚介ベースのWスープ。
そこに醤油が加わるのですが、
そこまで醤油が前面に来ることはなく奥深い味わい。
倉敷の醤油の特徴である、少し甘みを感じるスープです。

麺は中太ストレート麺で角が特徴的。
麺の固さも丁度よく、スープとしっかり絡んでいました。
見た目以上にボリュームを感じる老舗の一杯。

スポンサーリンク

小さなかつ丼

そしてそば定食のもう1つが「小さなかつ丼」。

注文するときに
「生卵をかけてもいいですか?」と質問されます。
僕の答えはもちろんイエス。
見て分かる通り、卵と出汁でとじられたカツ丼ではなく、
上にデミグラスソースがかかったソースカツ丼。
この特製デミグラスソースは、
お店のラーメンスープに
独自のルウを加えたものだそうです。

そのソースがたっぷりかかって生卵をまとった
肉厚のカツがたっぷりと7枚!!
少し濃い目に感じるソースを生卵がまろやかにしてくれます。
「小さなかつ丼」というのが嘘だろ?と思うほど
ボリュームたっぷりの一杯でした。

創業時はお寿司屋さんだったという、だてそばさん。
創業から60年以上の時を経て、先代から受け継がれたお店は、
支那そばとソースかつ丼の2大メニューで有名なお店に。

5年前に訪れたやまとさんも2つのメニューが有名でしたが、
こちらも必ず2つとも食べておきたい岡山らしいお店でした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.