久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

サバ6製麺所 心斎橋店@大阪市中央区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
サバ6製麺所 心斎橋店でございます!!

店舗情報

お店:サバ6製麺所 心斎橋店
場所:大阪府大阪市中央区南船場3-7-17
営業時間:11:00~21:30L.O
定休日:なし
久世のオススメ
かぐやセット
サバ濃厚鶏つけ麺+ばらちらし 1030円

スポンサーリンク

メニュー

2019年12月現在のメニューはこのようになっております。

かぐやセット
サバ濃厚鶏つけ麺+ばらちらし

かつて、すぐそこの路地に「北心斎橋店」がありましたが、
商店街に移転し「心斎橋店」としてリニューアルオープン。
看板にも「中華そばと海鮮丼」となっていて、サバめしではなく、
海鮮丼も押しているお店のようです。
なので「かぐやセット」という
サバ濃厚鶏つけ麺+ばらちらしのセットを頂くことにしました。

流れ作業でフードコートのように案内されます。
麺の到着も自分が持っている食券の番号で呼ばれるので注意が必要です。
トレイに乗せられた「かぐやセット」が到着。

まず「サバ濃厚鶏つけ麺」。
つけ汁は濃厚な鶏スープにたっぷりのサバ節が加わった濃い目の仕上がり。
麺の上にはレアチャーシューとデフォルトで、
味玉がトッピングされています。

麺は平打ちの中太麺でつけ汁に泳がせるようにして頂きます。
実は腹ペコだったのでプラス50円で麺大にしたのですが、
これがまたとてもとても多い!
大勝軒のような麺の増え方でした!
注文する時はご注意を。

そしてこれが「ばらちらし」。
さまざまな海鮮で彩られた小ぶりのチラシ寿司です。
サバ鶏も和風なのでしっかり違和感なくセットで楽しめます。
幅広い店舗展開で、安定した美味しさだと思いますが、
逆にいうと昔よりも「チェーン店」というのを感じるかな?
また普段使いに伺います。

スポンサーリンク

【北心斎橋店時代・サバ醤油そば+サバめし

すでに何店舗あるか分からないくらい店舗展開を広げた「サバ6製麺所」さん。
もともと「みつ星製麺所」さんを立ち上げた方が店舗展開後、
その権利を譲渡し、新たに立ち上げた事業。
拡大を続けた「サバ6製麺所」さんも、すでに他の飲食チェーンに譲渡され、
その方は、また新たな事業展開を開始されているとのこと。
そんな「サバ6製麺所」さんの2018年9月にオープンした北心斎橋店さんに訪問。
「サバ醤油そば」と「サバめし」のセットを頂きました。

かなり色濃い醤油の一杯が到着。
トッピングには、レアチャーシューが3枚と、ネギ、カイワレ、
かなり多めのメンマが印象的ですね。

スープを一口飲むと、そこまで醤油辛くはありません。
ちょっと甘みを感じる濃いめのスープという印象ですね。
鶏の胴ガラ、手羽ガラからとったスープに、
甘露醤油、濃厚底引きたまり醤油などを融合させたカエシが合わさります。
そこにサバ節が加わることで、クセになる旨味が生まれるんですね。

麺は濃い味スープに負けないよう、自家製の中太麺。
かなりの存在感を感じる麺ですが、濃い目スープにはこれくらいの太さが合います。
京都の新福菜館さんや、富山の大喜さんのようにスープが麺に染みてますね。

卓上にはにんにくとニラ唐辛子が用意されているので、
よきタイミングで味変することも可能です。

そしてこちらが「サバめし」。
シーチキンのようなサバのほぐしに生卵と海苔。
ここに醤油を少したらして混ぜれば…間違いのない一杯。
これは…旨いですね。
店舗がたくさんあり、システム化されたチェーン店ですが、
そこまで増やせたのにも理由ありという使い勝手の良いお店でした。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.