久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺や心楽(こらく)【旧・浜堂岡山】@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
麺や心楽(こらく)でございます!!

店舗情報

お店:麺や心楽(こらく)
場所:岡山県岡山市北区丸の内1丁目14-10
営業時間:6:00~15:00
定休日:水曜日※祝日の場合は翌日
久世のオススメ
煮干そば700円

スポンサーリンク

メニュー

2019年4月現在のメニューはこのようになっております。

【麺や心楽】煮干そば

3月末で急遽閉店された浜堂岡山さんが「麺や心楽(こらく)」として
4月13日にリニューアルオープンされたということで早速、訪問。
営業時間、定休日は変わらず、メニューの提供時間が変わったくらいでしょうか?
店名は変わりましたが、そこまで大きな変化を感じることなく着席。
浜堂時代は時間が合わず食べられなかった「煮干そば」を頂くことにしました。

到着したのは黄金スープの美しい一杯。
以前は、トッピングが別皿提供でしたが、今回は乗ってますね。

海苔、メンマ、ネギ、半分玉子とともに美しい3枚のレアチャーシュー。
もともと乗せてあるので、ずっと置いておくとどんどん火が入っていきます。
うまくタイミングを調整しながら、違いを楽しむのも良いかも知れません。

スープは煮干しがしっかり効いた上品スープ。
煮干しの尖りを適度な油分がうまくまとめているように感じました。

麺は以前と同じで、平打ち麺と細麺から選択が可能で、
今回は再び平打ち麺をチョイス。
麺も少し変わったかなと思ったら
どうやら「富士麺ず工房」さんのものに変わったようです。
煮卵も、ゆで卵へと変わっているような気がしました。
ほぼ変わっていないのかなと思いましたが、
よく見ると結構変わった点が多い「麺や心楽」さん。
これからどんな展開をされていくのか注目していきます。

スポンサーリンク

【浜堂岡山時代】肉汁つけめん(ひやあつ)

※2019年3月31日をもって閉店されました。
オープンからわずか2ヶ月での閉店…
なにがあったのかは分かりませんが、
4月中旬に店名を変えてリニューアルオープンとのことです。

さて今回ご紹介するお店は、
浜堂岡山(はまんどおかやま)でございます!!
※2019年2月の訪問ブログです。

検索エンジンで上位に表示されるため、
毎日かなりのアクセス数があるこの記事。

そんな中、2月14日から解禁されたメニューがあったので
さっそく再訪問してきました。
その名も、「肉汁つけめん(ひやあつ)」。
他のメニューとは違い、平打ち麺でのみ提供となるつけそばですね。

ほどなくして到着したのは見た目も豪華なつけそば。

お肉とネギがたっぷり入った、甘辛い肉汁スープに、

中華そば同様、別皿でレアチャーシュー3枚とメンマ、半分煮卵が!

そこに国産小麦「はるよこい」から作られた平打ち麺のザル盛りが!
なんともラインナップを見るだけで贅沢で
本当に780円か、値段を二度見してしまいました。

光沢があり、やや縮れも感じる平打ち麺を
肉汁スープにたっぷり泳がせて頂きます。
甘辛の旨味つけ汁が、しっかり麺に絡みつきどんどん進む麺。
提供初日ということで注文している方も多く、
店内には小気味よく麺をすする音が響いていました。
ボリュームもそれなりにありますが、大盛りにしても良かったかも…
と思うほどあっという間に麺がなくなっていきました。

最後に「スープ割りはありますか?」と思い切って聞いてみると、
「お湯割りになります」とのこと。
お湯でつけ汁を割って、最後の一滴まで完飲。
なんかすごいコストパフォーマンスの高さを感じるつけ麺でした。
そしてオープンからまだ1ヶ月経っていませんが。
すでにリピーターの方が何人もいるお店になっているようでした。

スポンサーリンク

【浜堂岡山時代】中華そば

※2019年1月の訪問ブログです。
2019年1月23日、県庁通りに
注目の新店がオープンしたという情報を聞き早速の訪問。
香川で随一の人気を誇るラーメン店「はまんど」さんの支店が岡山に上陸。

まず二度見してしまったのは営業時間!!
なんと…朝6時からお昼3時までという卸売市場のような時間設定。
そして上記のメニューを見てもらえば分かるのですが、
営業時間帯によって提供メニューと値段に変化があるのですね。
香川県三豊市の「浜堂」と同じ営業スタイルのお店のようです。
僕が訪れたのは11時過ぎだったので「中華そば」を頂くことになりました。
細麺か平打ち太麺かをチョイスするのですが、
香川から数日間はこの店舗に来ているという森店主に相談させてもらい、
初回は平打ち太麺で頂くことにしました。

着丼でも、また驚き!!
麺と具材が別皿で提供されるんですね。

生ハムのように折り重ねられたレア目のチャーシューが4枚。
そしてメンマと半分煮卵がデフォルトのトッピング。

そして黄金スープのなかに泳ぐように鎮座する平打ち太麺の上には、
ネギと海苔が添えられています。

せっかく別皿提供なので、まずはスープだけを頂くことに。
豚骨とイリコを使ったシンプルだけど奥深いスープ。

麺は国産小麦「はるよこい」から作られた平打ち太麺。
口に入れた瞬間に分かるとてつもないツルツル感。
噛みしめてから飲み込むときに感じるその喉ごし。

1枚のチャーシューはしゃぶしゃぶして頂いてみましたが、
やはり丼の上に乗せようということで写真をパシャリ。
この辺りの楽しみ方は人それぞれだと思いますが、
チャーシューは乗せてから火が入り過ぎないように注意して頂きました。
気が付けば丼にはスープが一滴も残らず完食。
全てにおいて洗練され、「素材」というものの良さを感じる一杯でした。

今回は平打ち太麺でしたが、細麺も気になります。
そして朝10時まで提供されている煮干そばももちろん気になります。
2月14日から提供の肉汁つけめんも…。
たくさん宿題があるので、また訪問ですね!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.