久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ジャンク屋 哲@奈良県奈良市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
ジャンク屋 哲でございます!!

店舗情報

お店:ジャンク屋 哲
場所:奈良県奈良市富雄北1-3-5
営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00(昼夜ともにスープ切れまで)
定休日:不定休
久世のオススメ
ラーメン 750円

スポンサーリンク

メニュー

ラーメン(ニンニク入り、他はすべて普通)

2009年11月、奈良のラーメン激戦区、
富雄駅近くにオープンした二郎系ラーメンのお店。
今思い返せば、ちょうど10年ほど前に関西でも
二郎インスパイアのお店が続々とオープンしていたのかも知れません。
店看板に「ニンニク入れますか?」と書いてあるのがイイですね!
僕はあまり頻繁に二郎系を食べないので、
幅広いメニューの中から基本の「ラーメン」をニンニク入りで、
他のオプションはすべて普通を選択して頂くことにしました。

麺の茹で時間がそれなりかかるので10分ほど待っての着丼。
二郎系らしくボリュームたっぷりの一杯が到着しました。
チャーシュー、煮卵、もやし、鰹節、背脂、ニンニクががっつりと。

見た目を大きく左右する野菜量はノーマルでも250gあるので、
横から見ると、やはり高さを感じます。
味付き背脂を示すアブラが良い存在感を出してますよね!
結構前に頂いたので、もしかしたらアブラは
「ちょい増し」を選択していたかもしれません。

スープは動物系と醤油を強く感じるものに背脂の甘みが溶け込みます。
ある程度の撮影を終えたらしっかりと天地ガエシして、
丼ぶりに全体に味をしっかり馴染ませてからの実食。

二郎系あるあるの1つが、麺の持ち上げ写真が難しいこと。
綺麗な麺線になかなか揃えられないほどのワシワシ麺を頬張るのもらしさの1つ。
年齢を重ねてあまりハイボリュームなものは心配がありましたが、
二郎系特有の途中から飽きるということもなく完食。
奈良県ではなかなか見ない二郎系ということで、
若い男性の方を中心に人気を維持するお店でした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.