久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

汁なし担担麺 くにまつ 流川店@広島市中区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
汁なし担担麺 くにまつ 流川店でございます!!

店舗情報

お店:汁なし担担麺 くにまつ 流川店
場所:広島県広島市中区流川町5-19
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:不定休
久世のおすすめ
汁なし担担麺(辛さx1) 600円

スポンサーリンク

メニュー

2018年10月現在のメニューはこのようになっております。

汁なし担担麺(辛さx1)

広島麺巡りの時に候補に入れていた
立町駅近くの「中華そば くにまつ」さん。
残念ながら21時までの営業までということで間に合わず、
永斗麺さん訪問の後、なんとなく流川を歩いていたら発見したのがこの支店でした。
もともと「中華そば くにまつ」さんでも
「汁なし担担麺」を食べるつもりだったのでこちらで頂くことにしました。
注文は「汁なし担担麺」の辛さ×1を。

出てきた担担麺は麺、タレ、ミンチ、ネギ、香辛料のシンプル構成。
写真を撮り終われば、下に見えているタレが見えなくなるくらいに約20回かき混ぜます。
すると少し粘りが出てきて麺がしっかりとタレを纏うので、そこで実食。

自家製麺と自家製タレがしっかり絡むと旨みと辛味を感じます。
シンプルながらクセになる仕上がりですね。
もともと「きさく」さんというお店が巻き起こした汁なし担々麺ブーム。
「くにまつ」さんは2010年頃から、その第2次ブームを巻き起こしたと言われます。

食べ進めると卓上に用意された数種の香辛料で味変を加えます。
オーソドックスな流れで言うと「辣油」「花椒」を加えるみたいですね。
今回は辛さx1でしたが、僕はもうちょっと辛い方が好きなので、
次回は辛さx2で、温泉卵と締めのための半ライスをプラスして楽しみたいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.