久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

時屋L’spoir(レスポワール)@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
時屋L’spoir(レスポワール)でございます!!

店舗情報

お店:時屋L’spoir(レスポワール)
場所:大阪府大阪市北区浪花町8-14
営業時間:11:30~15:00 18:00~23:00※L.Oは10分前
定休日:不明
久世のおすすめ
豚つけNormal 750円

スポンサーリンク

メニュー

2018年9月現在のメニューはこのようになっております。

豚つけNormal

西中島南形にある名店「時屋」のネクストブランド店が、
天神橋筋六丁目と天満の間に、2018年5月オープンしました。
テーマは「つけ麺店の枠を超えた洗練のスタイル」。
麺屋もかなりお洒落なお店が増えてきましたが、
完全にBARのようなスタイリッシュな店内になっていました。
券売機を見て、時屋の代表メニュー「豚つけ」をNormalで注文。

到着したのはNormalの名前通り、とてもオーソドックスなつけ麺。
お店の口コミ写真でよく見ていたのは店内の雰囲気にぴったりなお洒落なものだったのですが、
それはClassicを注文しなければいけないみたいですね。
大量の豚骨と野菜、魚介を研究された時間で炊き上げる時屋のつけ汁。

スープの中に角切りチャーシューや、メンマの具材がどっさりと入っています。

その極ドロスープに絡めていくのは他店より白っぽい太い麺。
スープを纏わせることで、その絡み方が色味の変化がよく伝わります。
麺量は300gということで、スルスルとなくなっていく麺にちょっと少ないかなと思ったのですが…
このお店のつけ麺には無料で〆ご飯が付いているんですよね!

麺がなくなるころに〆ご飯を注文すると出てくるのが、
ダシが入った小さなご飯。
ここに残っている濃厚つけ汁を少し加えて頂きます。
ご想像通り…旨いですよね!!
〆ご飯まででちょうどお腹が満たされる絶妙な量でした!

写真映えを考えるとClassicを注文するべきなのですが、
Normalの860円に比べて、Classicは1190円なんですよね…。
なかなかつけ麺で約1200円を払う勇気が僕にはありませんでしたが、
もう一度訪問する機会があれば、試してみたい一品です。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.