久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

はじめ家@富山県魚津市

2019/10/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
はじめ家でございます!!

店舗情報

お店:はじめ家
場所:富山県魚津市吉島67-1
営業時間:11:00~23:00
定休日:月曜日※祝日の場合は翌火曜日
久世のオススメ
中盛ラーメン 820円

スポンサーリンク

メニュー

2019年10月現在のメニューはこのようになっております。

中盛ラーメン

実に初訪問以来、4年ぶりの訪問となりました。
試合時間が変わった影響で時間が出き、富山から魚津まで8号線を走りました。
11時の開店直後の訪問でしたが、すでに長蛇の列。
駐車場には他府県ナンバーも目立ち、
さすが家系総本山吉村家直系の力という感じがしました。
注文は「中盛ラーメン」を、すべて普通で。

8人分くらいを1度に調理していく家系ならではの光景は、
見ているだけで楽しいもの。
チャーシューの他に、ほうれん草、海苔がトッピングされた王道家系の一杯。

スープはもちろん、豚骨醤油の王道家系。
普通で注文すると、結構あっさりとした仕上がりの口当たりでした。
だからこそゴクゴク進むスープとも言えますが、
鶏油は多めで注文しても良いかなと思いましたね。

麺は少しだけちぢれも入った中太麺。
これがまた、スルスルと進んでいくんですね。
でも、そのまま完食してしまうのはもったいない!!

家系といえば、注文時の呪文、
さらに卓上にある様々な調味料で自分好みにカスタマイズ出来るのが
幅広い人々好かれる最大の魅力。

本当に沢山の調味料がある中で、
ワタクシは刻みしょうがと行者ニンニクを投入して味変を。
最後の一滴まで名残惜しく楽しみました。
プラスチック板の券売機、1度に何杯もを作り上げる調理過程。
一杯のクオリティだけでなく、違う角度からも楽しめるお店でした。

スポンサーリンク

ラーメン並

※2015年8月の訪問ブログです。

横浜家系ラーメンの家系総本山吉村家直系のお店ということで、
魚津で大変人気のあるお店。
なかなか関西で家系ラーメンを食べることがないので新鮮でした。
まずはスタンダードのラーメン並を注文。

{B663F455-FD96-4575-AFF3-12D0AF7E4A69:01}

まず調理工程を見ているだけで面白いですね。
どんぶりがズラリと並べられ、かなりいっぺんに仕上げて行きます。
鉄砲ざるを使わないので、大きな鍋からどんどん平ざるで手際よく投入される麺。
即座にトッピングを載せていくスタッフ。
それだけで「おお!」と思わせてくれます。

{0E0C5ABE-8415-4BB5-9829-F2BC5FE5B0AC:01}

麺のかたさ、油の量、味の濃さを好みで選べますが、
とりあえず全てスタンダードで注文しておきました。

{EAA6125B-0217-4CC3-8778-89438E0504C0:01}

麺は存在感のある中太麺。
スープの味に負けることなく主張してきます。
オーダーで自分の好みを選択した後は、
卓上の薬味を入れて楽しむのもあり。

無臭ニンニク、行者ニンニクなどたくさんありましたが、
やはりショウガを入れて楽しむのが1番だと思います。
また訪れたいと思わせてくれる職人のお店です。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.