久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

揚子江ラーメン 総本店@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、ご紹介するお店は、
揚子江ラーメン 総本店でございます!!

店舗情報

お店:揚子江ラーメン 総本店
場所:大阪府大阪市北区角田町1-20フキヤビルB1F
営業時間:10:30~23:00 (L.O.22:45)
定休日:木曜日
久世のおススメ
ラーメン 760円

スポンサーリンク

メニュー

2020年1月現在のメニューは、このようになっております。

ラーメン2020ver

2012年12月に移転した揚子江ラーメン 総本店さんに
なんと…9年ぶりの再訪問。
地下1階にある店舗で名物の「ラーメン」を頂きました。
9年も経つとお値段も変わるもので、
2011年には550円だったラーメンが760円に。

あっという間に到着した麺は、なんともシンプル。

チャーシューが3枚と、ネギと、菊菜…かな??

なんと言っても特徴は、この透明スープ。
もう…お湯?!っていうくらいの透明度で丼底まで見えます!
もちろんお湯ではなく、鶏ガラ、野菜から生まれた塩スープ。
じんわり広がる旨味が…なんとも言えませんね!

麺はストレートの極細麺で、あっさりスープにばっちりマッチ。
スルスルと元スープのまま半分まで楽しみ…

途中からは、卓上で存在感を出していた揚たまねぎを投入。

指示通り、3杯投入して、あっさりスープに香ばしさをプラス。
シンプルなスープだからこそ、味にくっきり変化が見えます。
1964年創業の老舗は、昭和、平成、令和と時が流れても、
同じ味でたくさんの人に親しまれていました。

スポンサーリンク

【旧店舗時代】ラーメン

※2011年の訪問ブログです。
久世日記-IMG_4984.jpg

ちょうど一風堂梅田店と向かい合っているところですね!!
名前は何度も聞いていていつかは食べなくてはと思っていたのですが、
とにかくあっさりだということを聞いていましたので
ちょっと敬遠してしまっていました。

久世日記-IMG_1014.jpg

ラーメンの大を注文いたしました。

久世日記-IMG_7583.jpg

なんでしょう!!
この透き通り具合は!!
鶏ガラ、野菜、塩からなるこのスープ。
一口流し込んで口の中で転がさないと旨味を感じられません。
まさにラーメン界のソムリエにもなったように
じっくりとスープを味わいます!!
それにしてもラーメンにスープが別で付いてくるとは!!

久世日記-IMG_3460.jpg

麺もスープによく合う細めの麺です!!
水菜、チャーシュー、どれをとっても超あっさり!!
そして途中からは味に変化を加えます。
カウンターに置いてある揚げ玉ねぎをいれると変化が!!

久世日記-IMG_1887.jpg

にんにくではない玉ねぎってところがいいですよね!!
香ばしさ、ちょっとした塩分を感じることが出来ます!!
だんだんとあっさりを楽しめる年齢になってきました。
また訪れたいと思います!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.