久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

青葉らあめん ほんまもん屋@大阪市中央区

2017/03/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
青葉らあめん ほんまもん屋でございます!!

久世日記-IMG_7337.jpg

店舗情報

お店:青葉らあめん ほんまもん屋
場所:大阪府大阪市中央区瓦屋町1-7-22
営業時間:12:00~14:00 18:30~24:00L.O.23:40
定休日:日曜日
久世のおススメ
青葉らあめん 850円

スポンサーリンク

青葉らあめん

大阪というとキタとミナミで大きく分類されます。
ミナミというと難波、心斎橋にばかり目が行きますが、
もちろんそのほかにもエリアがあるわけで。
問屋街が並ぶ松屋町筋に青葉らあめん ほんまもん屋でございます。
1985年創業、18年に渡りラーメンを提供しているお店です。

久世日記-IMG_2224.jpg

メニューにも歴史を感じますね!!
注文は青葉らーめんとミニ角煮丼で。

久世日記-IMG_7933.jpg

台湾料理の流れを汲むのが
青梗菜と角煮の入ったこのラーメン。
見た目を裏切ることなくスープはあっさり仕立て。
鶏ガラと野菜と和風ダシの融合です。
3~4時間炊き続けて寝かせた角煮はトロントロンでございます。

久世日記-IMG_2018.jpg

麺は中太麺でスープとよく合っています。
スープはかなりのあっさり、角煮は濃厚でトロンと。
年代を選ばず好かれそうなラーメンでございました。

久世日記-IMG_0565.jpg

ミニ角煮丼は300円で食べることができます。
角煮とご飯の相性は
この写真を見ていただければ説明不要ですね。
濃厚な豚骨などは体調によってしんどいこともあるのですが、
このラーメンはどんな体調でも食べられます。
また再訪することでしょうね!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2013 All Rights Reserved.