久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

らーめん颯人(はやと)@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
らーめん颯人(はやと)でございます!!

{1DED8E3D-F1FF-4F4A-9EFD-670EAF91A12F:01}

店舗情報

お店:らーめん颯人(はやと)
場所:大阪市北区南森町1-2-2
営業時間:11:00~食材切れまで通し営業
定休日:月曜日
久世のオススメ
味噌らーめん 930円
裏しょうゆ 930円

スポンサーリンク

メニュー

2年連続、ミシュランのビブグルマンに選出。

2018年8月現在のメニューはこのようになっております。

味噌らーめん2018ver

春に「裏しょうゆ」を頂き、とても美味しかったのですが、
やっぱりここの味噌らーめんを久々に食べたいなという思いは消えず…。
比較的、短い間隔で再訪問になりました。

中華鍋で丁寧に作り上げられた極上の味噌らーめん。
大ぶりのチャーシュー、白髪ねぎ、柚子がまず目に入ってきますが…

色濃いスープの中に隠れてかなりたっぷりの角切りチャーシューと、
太めのしっかりメンマも入っているボリューム仕様。

スープは注文ごとに中華鍋で味噌に炒めが加えられ、
香ばしさもあるものの味噌本来の風味は失われない絶妙仕上げ。
多くの味噌らーめんは、かなり分厚い油膜が特徴だったりするのですが、
こちらはそこまで油分が多いわけではないのに、しっかり味で
記憶に残る味噌スープというのが素晴らしいところですね。

麺は平打ちの中太麺を採用。
ツルツル、もちもちの麺が味噌スープに絡み、
麺がスルスルとなくなっていきます。
味噌らーめんというと中太で縮れが入った黄色い玉子麺が多い気がしますが、
この麺のチョイスも他のお店とは違うところですね。
なにを食べても旨い颯人さんですが、
やっぱり味噌らーめんの放つ存在感は凄いものがありました!

裏しょうゆ

実に2015年以来、3年ぶりの訪問になりました。
オープンして間もなくのことから評判が高く、
一躍、名店として駆け上がっていった颯人さん。
2年連続でミシュランのビブグルマンにも選ばれたので、
7席のカウンターのお店はいつ見ても大行列。
今回はちょうど開店5分前に訪問できる時間だったので突入しました。
このお店の「味噌らーめん」の人気は百も承知ですが、
メニューの裏を見て「裏しょうゆ 数量限定」なんて書いていたら
当初の予定を変更して注文してしまいますよね!!

到着したのは、店主の出身店である「カドヤ食堂」を彷彿させる一杯。

トッピングは大小2枚の肉厚チャーシューと
メンマ、ネギに柚子皮というシンプルラインナップ。

黒系ではなくブラウン系のしょうゆスープをレンゲにすくうと…
何でしょうか!?この鶏油のたっぷりさ!!
一口飲めば感じる鶏、鶏、鶏!!
醤油の尖った感じは一切なく、丸みを感じる優しい味。

そこに合わさるのは中細の平打ち麺。
ツルツルの食感が、優しく極旨のスープとよく絡みます。
「シンプルではありますが、丼ぶりに登場するすべてを
極上に仕上げております。」と言われている気のする一杯。
そりゃ、大行列にもなりますよね!!
ちなみに11時前に到着しましたが、すでに1巡目のお客さんは中に入っていました。
行列の状況を見て開店時間を少し早めることもありそうです。
こうなると…「しおらーめん」も気になりますし…
久々に「みそらーめん」も味わいたい…。
また行列がそこまでじゃない時に再訪です!!

スポンサーリンク

味噌らーめん2015ver

※2015年4月の訪問ブログです。
2015年2月に南森町に誕生したお店でございます。
あの名店カドヤ食堂で4代目の店長を務められた方が独立開業したお店です。

{293362D0-5185-42FA-B480-CE525CA3F30C:01}

すでに評判は広まっていて、ぜひ味噌らーめんを食べて!
と、言われていたのでそれを注文。
時間がかかるとメニューにかかれていましたが、
前に頼んでいた人と一緒に調理開始となりほどなく到着いたしました。

{4BDAC7F6-F96A-4A58-B3E7-D70F71D52F5B:01}

ん??この味噌は??
すみれを連想させるような見た目。
2種の地鶏と豚肉、野菜が加わったスープに多めのネギ油が特徴なんだそう。

{48EF2A11-C043-4C4D-9297-FC1CC4FF8D31:01}

すみれと違って油膜が分厚くということはありませんでした。
とても味わい深い味噌らーめんの登場です。
味噌の芳醇な香りと生姜、山椒が
味噌スープと絶妙なコラボレーションを見せてくれていました。

{1B475474-BC40-4774-9FC7-953CE80884F8:01}

麺は中太のストレート麺。
味噌といえば縮れ麺かと思いますが、この相性も良し。
北海道のラーメン店でも修行経験のある店主が、
それとカドヤ食堂での経験をしっかり注入した一杯です。

今度伺うことがあれば醤油らーめんを!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.