久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

大阪麺哲@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
大阪麺哲でございます!!

IMG_4657.jpg

店舗情報

お店:大阪麺哲
場所:大阪府大阪市北区曾根崎2-10-27
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00
土日 ~21:00
定休日:月曜日※月が祝日の場合は月火連休
久世のおススメ
醤油 800円

スポンサーリンク

マルチョウ醤油馬鹿つけ麺

11月中旬に大阪麺哲さんのfacebookページで
月曜日限定メニューが登場との投稿が。

その名も「マルチョウ醤油馬鹿つけ麺」。

濃い目の醤油にいかにも具だくさんのつけ汁。
早く泳がせたくなるちょうどいい塩梅の中太麺。
着丼の瞬間からしっかりと食欲を刺激するつけ麺の到着。

中にはたっぷりのマルチョウと、しっかりとチャーシューまで。
スープを一口飲めば、しっかり醤油味の中に広がるマルチョウ脂の甘み。

そこにプルプル麺を泳がせれば…そりゃ旨いわけです。
マルチョウの数も相当多く、当然ボリュームもたっぷり。
麺量も200~300gは同額で注文できるので1200円というお値段ですが、
お腹も心も満たされるつけ麺でございました。
このお店の限定メニューは…見逃せませんね!!

山&牛ネギトロごはん

※2017年4月の訪問です。
Facebookで裏メニューが通知される大阪麺哲さん。
「大山」か「盛り」を食べてみたいと思い訪問しましたが、
残念ながらないということで、
「山」と「ネギトロごはん」を頂いてまいりました。

裏山とはまた違う色合いの山芋麺。

裏山には漬けが入っていましたが、
こちらはチャーシューがたっぷりと入っておりました。

麺哲さんといえば麺。
蕎麦とは全く異なる融合がここにはあります。
あっという間に完食して、〆ご飯を注文。

山芋と卵とカエシの融合に
ご飯が合わないわけがないのです。

牛肉の生ハムと過熱済みヘットを使って
ユッケご飯をイメージされたものだそうです。
こちらも絶品でございました。
なかなか注文するのに勇気がいりますが、
また限定を求めて訪問したいと思います。

スポンサーリンク

裏山

※2016年8月の訪問です。
色々ネットで情報を見ていると「裏山」なるものがあるとのこと。
店内に入って周りを見渡したところ、
「裏山」のメニュー表記はありませんでしたが、
店員さんに思い切って聞いてみたところ、「ある」との返答。

IMG_7448.JPG

着丼して、その一面の山芋に驚き!!

IMG_7449.JPG

中を探ってみて、たっぷりのチャーシューと漬けの多さに驚き!!

IMG_7450.JPG

麺とスープと山芋の絡み方に驚き!!
「とろろ」というともっとも知られているのが「とろろそば」ですが、
この麺との融合は想像をはるか上をいくものでした。

IMG_7451.JPG

最後に〆ご飯を頂いて、これまでで一番おいしいとろろご飯を!!
メニューにないのでなかなか注文するのに勇気がいりますが、
頼めて良かった一杯でした。

肉醤油&ホタテご飯

※2016年6月の訪問です。
実は「山」を求めて訪れたのですが、
メニューになく、肉醤油とホタテご飯を注文したことがありました。
そのあとで、来店された方がメニューにない
「裏山」を注文していて悔しい思いをしたことがあったのです。

IMG_6419.JPG

通常よりもはるかにチャーシューが増す、肉醤油。
そこに注文したホタテご飯。

IMG_6418.JPG

ここに残ったスープを投入すると美味いらしいと
メニューにあったので…。

IMG_6420.JPG

言われるがままにやってみると、これが…絶品。
求めたものには出会えませんでしたが、
また新たな組み合わせに遭遇した瞬間でした。

スポンサーリンク

醤油

※2014年7月の訪問ブログです。
2014年7月26日、豊中の名店、麺哲が新御堂沿いにオープンしました。
正直、麺哲支店には行ったことがありますが
豊中の麺哲には行ったことがないのです。
だから初訪問と言っていいでしょうね。

IMG_1364.jpg

オープンしたてということで醤油、肉醤油。
そして限定の山が用意されていました。
山は山かけの冷やし麺だそうです。
すでに醤油雲呑も解禁されているそうです!!
限定も惹かれましたが、最初はスタンダードに醤油。

IMG_4534.jpg

シンプルながら美しい黄金スープの醤油ラーメン。
鶏ガラスープと優しいタレの融合。
まさに上級の中華そばというのにピッタリ。

IMG_9063.jpg

トッピングもとてもシンプルなのですが、
分厚いチャーシューの存在感が抜群です。

IMG_0918.jpg

食感、のどごしともに抜群の麺との融合。
麺の食感にこだわり大盛りはしていません。
そのかわりサイドメニューのごはん類と替え玉が用意されています。
最近になって美味い醤油ラーメンの良さが分かってきた気がします!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.