久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

麺のようじ@大阪市中央区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
麺のようじでございます!!

店舗情報

お店:麺のようじ
場所:大阪府大阪市中央区高津2-1-2
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:木曜日
※「大阪拳」として2013年5月にオープンし、
2014年1月末に「麺のようじ」に改名されました。
久世のおススメ
鶏ドロつけ麺 850円

スポンサーリンク

メニュー

ブログの再編集をしていて驚いたのですが、麺のようじさんが
メニュー数17、約6000文字と最長のラーメンブログになっております。
2017年1月現在のメニューです。

オマール海老のまぜそば(醤油)2018ver

木曜日は定休日なのに急遽、営業が告知され、
それとともに今年も解禁になったのが「オマール海老のまぜそば」。
引き寄せられるように訪問してまいりました。
お店に入れるまで自分の過去ブログを検索し、
まぜそばの醤油は未食であることを確認。
今回はオマール海老のまぜそば、醤油、麺量大で頂くことに。

昨年の流行語大賞はこのお店も一役買ったのでは?
と思うほど、インスタ映えする一杯が到着。
さすが野菜使いのスペシャリストだなと思わせるビジュアルです。
美しいたっぷり野菜の下に潜んでいるのは…

クオリティも高く、ボリュームもたっぷりの鶏チャーシュー。
こんなに具沢山で本当に良いのでしょうか…?
とこちらが心配になるほどです。

美しさを存分に堪能した後は
豪快に混ぜ合わせて一気に頬張ります。
香りからは感じていた芳醇な海老が、
口の中で一杯に広がっていきます。
実に美味い!!!
結構なボリュームなのにあっという間に完食。
もう少しで丼ぶりを舐めてしまうほど完成度の高い一杯。
また限定をやっているうちにもう一度食べておきたい一杯でした。

スポンサーリンク

清麺屋インスパイア 鯛と鶏と野菜ラーメン

※2017年6月の訪問ブログです。
なんばポンバシらーめん俱楽部のイベント、
インスパイアの賛美~彩々大作戦~も7巡目。
初めて仕事の都合で初日に行けませんでした…。
今回はようじさんが清麺屋さんをインスパイア。
その名も「鯛と鶏と野菜ラーメン」です。

清麺屋さんの「鶏と鯛の塩そば」をインスパイアしたもので、
ようじさんらしく「野菜」が加わった一杯。

大ぶりのレアチャーシューに、ズッキーニかな?
さらにミョウガも加わって、
まろやかで旨味凝縮の清湯スープに
素晴らしいアクセントが加えられていました。

麺は加水率が高めの全粒粉入り中太麺。
たしかな清麺屋さんらしさと、確かなようじさんらしさが
見事に融合していました。
ブログ更新が遅くなりましたが…今日の夜までです。
お早めに!!

色どり野菜とオマール海老のまぜそば(塩味)&
ミニそぼろ玉子かけご飯&ミニ鶏明太子ご飯

※2017年1月の再訪ブログです。
1月から人気のオマール海老メニューに、
新たな仲間が加わったということで訪問してまいりました。

その名も「色どり野菜とオマール海老のまぜそば(塩味)」!!

相変わらず美しいビジュアルの麺の到着。
彩りを添える野菜についても説明頂いたのですが、
すぐに失念してしまいました…。
奥底から感じる海老の香り。
ビジュアルをしっかり堪能してからしっかりと混ぜ合わせます。

やや縮れの入った極太麺に特製海老ダレを絡め合わせて、
一気に食べ進めていきます。
ワシワシとした強めの食感の麺だと、
かなりワイルドに仕上がるのですが、
それが繊細にまとまるのがようじさんらしさですね。
オマール海老のどろつけ麺とはまた一線を画すまぜそばでした。
オマール海老のどろつけ麺と一日交互に提供され、
月水土の限定となっているようです。
そして、今回は新たなサイドメニューにも挑戦。

まず、ミニそぼろ玉子かけご飯。
丁度いい小ぶりなサイズで極旨のそぼろと卵が、
新しい親子丼のように融合しております。

さらにミニ鶏明太子ご飯。
小ぶりながらむね肉のチャーシューと明太子がたっぷりと。
ようじさんは、スープも旨いのですが、
鶏のトッピングの完成度の高さが随所に見られます。

どうやらこの記事で5000文字を超えたようです。
気が向けば最後までご覧になってみてください。

スポンサーリンク

オマールエビのどろつけ麺

※2015年12月の再訪です。
今月の限定は「オマールエビのどろつけ麺」。
SNSでその言葉とビジュアルを見るたびに早くいかなくては!!
と思いながら気が付けば月末になっておりました。

IMG_3266.jpg

ハイ!完璧!というビジュアル!
麺にレアチャーシュー極太メンマに海老と紫オニオン。
オマールエビの旨味が
これでもかというほど詰まった粘度の高いスープ。
麺を絡ませるとその持ち上げはこのようになります。

IMG_6985.jpg

見ているだけで幸せになる絡み方をしてますね!
あっという間に麺がなくなり、最後はスープ割りでフィニッシュ。

IMG_7503.jpg

このスープが一品として出されても
一級品でしょ!というレベルでした。
麺から最後のスープ割りまで、
なんだか一麺でコースを頂いたような気持ちになりました。

厳選野菜のポルチーニ茸ヌードル&チャーシュー丼

※2015年11月の再訪です。
限定メニューが人気のお店。
その中でも好評を博し、延長が決まったメニューがあるというので
久々に訪問させていただきました。
その名も「厳選野菜のポルチーニ茸ヌードル」。

IMG_7341.jpg

相変わらずの美しい見た目。
そしてスープを一口飲んで…「おお!」と声を出しました。
ポルチーニ茸に詳しいわけではないので、
「これがポルチーニ茸の味か!」とうなずく極上の旨味。
そしてお肉だけが主役ではないと、トッピングされたお野菜。
カブや長ネギが見事なまでこの麺を引き立ててくれています。
迷わずスープまで完飲してしまいました。
ラーメンを食べ過ぎると身体に悪いと言いますが、
この麺なら間違いなく健康になりそうだと思いました。

IMG_8341.jpg

そして、今回はあまり食べることのないサイドメニューもいただきました。
チャーシュー丼にはゴロゴロ肉とほうれん草に半熟卵。
お肉を美しく見せるための演出か、タレはご飯にかけられております。
美味しさは、このビジュアルから想像するとおりと言っておきましょう。
今度はどんな野菜を使ってどんな限定麺を見せてくれるのか?
とても楽しみが広がります。

スポンサーリンク

冷やしあご出汁ラーメン

※2016年の冷やし麺を求めての訪問です。
IMG_7049.JPG

今年も登場した「冷やしあご出汁ラーメン」を求めて、ようじさんへ。

IMG_7048.JPG

相変わらずの美しいビジュアルのアゴ出汁ラーメン。
その見た目だけにとどまらず、絶妙に美味いスープ。
冷たすぎるわけでもない。それが絶妙な旨味を表現。
冷や麺にありがちな尖った塩味がない。
だから最後の一滴まであっという間になくなってしまう。
というのが、去年までの感想。
今年は、知り合いに「こんな冷や麺があるんだぜ!」と
紹介したくなるような存在でした!!

福島壱麺リスペクト 鯛冷やしらーめん

そして時が過ぎ、新たに登場したのが、
「福島壱麺リスペクト 鯛冷やしらーめん」。

IMG_7458.JPG

パッと見て、ミニトマトの存在がアゴ出汁とは大きく異なります。

IMG_7459.JPG

そしてもちろん極上の鯛の薄造りもスープの上にラインナップ!!
美味しくないわけがないでしょう!!
この商品を求めてたくさんの方がお店を訪れていらっしゃいました。

そして…、この冷や麺もひと段落し、
現在、下記にある「セロリラブとトマトの冷やしヌードル」が始まった模様です。
冷やし麺の中でベストを選べと言われれば、僕はこのお店を選ぶでしょう。
温かいのがダメだとか、そんな意味ではもちろんありません。
また新たな冷や麺が出ないかな~と楽しみにしています。

煮干ドロつけめんストロンガー

※2016年5月の再訪ブログです。
IMG_4422.jpg

5月9日夜から「煮干ドロつけめんストロンガー」でございます!!
IMG_7671.jpg

ピリピリありと、ピリピリなしから今回はなしのようで!!
鶏ドロの旨味のプラスされた煮干しの存在感!!
関東ではかなりエグミの効いた煮干し麺が人気となっていますが、
こちらは両者の旨さをしっかり引き出すカタチで、
濃厚なのにやさしさ、まろやかさを感じる一杯。

IMG_0560.jpg

熱々の石焼鍋のスープに麺を絡ませる喜び。
しっかり絡むスープが冷めていかないのも嬉しいところ。
あっという間に麺がなくなり、
質の高いスープ割までしっかり味わいました。
行列を避けるためお昼1時過ぎを狙いましたが
それでも7人ほどの方が店外で待たれていました。
どの時間に訪問しても行列のお店になっておりました。

スポンサーリンク

手羽先白湯ラーメン

※2014年2月の訪問記事です。
IMG_7930.jpg

メニューはそれほど変わっていないようだったので、
食べたことがなかった手羽先白湯ラーメンをチョイスしました。

IMG_4446.jpg

かなり濃厚そうなラーメンが登場いたしました!!
手羽先と鶏がらのスープは味は濃くないもののかなりコッテリ。
なんといいましょうかとてつもないアブラ量のような気がします。
しかしレアチャーシューとチキンのグリル、
紫タマネギにかつお節など実に丁寧な仕事の一杯です。
麺は平打ちになっている中太麺。
この見た目でこれほど美味しいラーメンがあるのかと、
繊細さとワイルドさのギャップも感じる一品。
今度は食べたことのない
鶏すきやき風つけ麺を求めて訪れたいと思います。

鶏すきやき風つけ麺

※2014年7月の再訪でございます!!
IMG_9094.jpg

気になっていた鶏すきやき風つけ麺を頂きました。
疑いようなく完全なすきやき風でございます。
いや…もうすき焼きです!!
甘辛いスープに麺をつけて味わっていきます。
厳選されたトッピングと途中から加える玉子で
味の変化を楽しむことができます。
ラーメン店で本当に美味いすき焼きを味わいました!!

セロリラブとトマトの冷やしヌードル

※2014年、夏の限定メニューでございます!!
「セロリラブとトマトの冷やしヌードル」!!
セロリラブとはセロリのような香りとポテトのような旨味がある
少し変わった根菜で、セロリとは異なります。

IMG_7797.jpg

まあ何とも美しい見た目の冷製麺が登場いたしました!!
左の角切りと真ん中の白いペーストともにセロリラブでございます。
たしかにセロリっぽい雰囲気はあるものの、また別物。
僕はセロリラブの存在を知らなかったので、
ペーストはポテトだとばかり思っていました。
まずは透き通った状態でスープを楽しみ、
後にセロリラブのペーストを混ぜることで味が大きく変わります!
もはや「ラーメン」という括りでは語れない一品。
正直、数ある夏の冷やし麺の中でもマストの麺だと思います。
8月末までにぜひどうぞ!!

スポンサーリンク

春キャベツサラダ玉ねぎゴロゴロ野菜のあんかけヌードル

※2015年1月の訪問です!!
かなり滑り込みになりましたが、1月の限定メニュー!
「春キャベツサラダ玉ねぎゴロゴロ野菜のあんかけヌードル」
という長いネーミング!!

IMG_1584.JPG

野菜たっぷり、エビもレアチャーシューも入っている、
塩のあんかけラーメンの到着です!!
野菜がたっぷり入るのも嬉しいのですが、
なんといってもあんかけの麺への絡み方ですね!
しっかりと塩を感じるスープが麺に纏わりつきます!
まだ間に合ううちに絶品のあんかけをどうぞ!!

オマールエビと春野菜たっぷりの白湯ヌードル

※2015年4月の再訪記事でございます!!
この麺のようじと、麺と心7は
月替わりの限定メニューの評価がとても高いお店。
そしてこの4月はこのメニューの評判が凄かったのです。
それが「オマールエビと春野菜たっぷりの白湯ヌードル」!

IMG_3170.JPG

なんと美しいラーメンなのでしょうか!!
オマールエビとたっぷりの春野菜から採られた
旨味と甘みがぎっしり詰まったポタージュでした!!
そしてトッピングにもたっぷりの野菜と海老、
さらにレアチャーシュー。
それだけのポタージュですからもちろん
たっぷりと麺に絡みつきます!!
あっという間の珠玉の一杯でした!!
また5月にはどんな限定メニューが登場するのか楽しみです!!

厳選限定冷しあご出汁そば&ミニ鶏葱ご飯

※2015年7月の再訪です!!
昨年の夏の限定に続いてまた冷や麺が登場しておりました。
その名も、「厳選限定冷しあご出汁そば」!!

IMG_1830.jpg

相変わらずの美しいビジュアル!!
すだちが見た目から清涼感を演出してくれています。
オクラにミニトマト、メンマに鶏チャーシューがトッピング。
キンキンに冷たいわけではなく、
すこし温い部分もありましたが、それが旨味となる一品。

IMG_2059.jpg

そして今回はミニ鶏葱ご飯も頂きました。
見た目で感じていただいた通りの絶品です。
また惹きつけられる限定麺を頂きに参ります!!

スポンサーリンク

鶏ドロつけ麺

※ここから下は2014年5月の改名前の記事です。
さて、今回ご紹介するお店は、
大阪拳でございます!!

久世日記-IMG_8845.jpg

京都の名店「拳」が暖簾分けを果たし大阪に上陸。
かつて名店があった場所に居抜きで2013年5月に誕生。
さてかつての名店とはうどんの百庵でございます。
百庵は神崎川に移転しましたが、拳がやってくるとは!!

久世日記-IMG_1992.jpg

スタンダードならばナックル塩そばを注文すべきですが、
どうしても「鶏ドロ」という言葉に引っ張られてつけ麺を注文。

久世日記-IMG_6993.jpg

品名はかなりストレートですが、
商品はかなりオシャレでございます!!
色合いも美しいドロスープ。
拳の店主は野菜使いの名手を言われているらしいですが。
レアチャーシューにメンマにレモンにカイワレに白髪ねぎ、
美味しいんでどうぞと言われたヤングコーン。
鶏と野菜の濃厚な旨味。
ドロスープですから麺への絡みも半端なし!!
写真を見ていただいても分かるように、
「拳」という店名の荒々しさからは想像できない繊細さ!!
いやはや美味しいですよ!!
坂を少し登ればJUNK STORY。少し日本橋側には天啓。
このあたりがラーメン激戦区になってきました!!

ナックル塩そば

※2013年10月までの再訪記です。
やはり基本も押さえておくべきと、ナックル塩そばを注文。

久世日記-IMG_0738.jpg

これまた美しいラーメンです!!
レアチャーシューと煮玉子と
塩ラーメンというとかなり尖った味のものが多いのですが、
ここは鶏の脂が効いていてまろみのある味わいです。
麺は若干の平打ちになっております!!

焦がし葱のナックルライト白湯ラーメン

久世日記-IMG_6726.jpg
久世日記-IMG_2714.jpg

続いて、限定メニュー。
これはこれで鶏の白湯がたっぷりと!!
これはこってりとあっさりの中間と書いてありましたが
完全にこってりの部類に入るラーメンでしょうね!!

石焼カレー坦々和え麺

続いてはカレーと麺の融合を石焼きで!!

久世日記-IMG_0780.jpg
久世日記-IMG_3871.jpg

麺とトッピングが入ったアツアツの石焼に、
別の器でカレーが登場!!
カレーを入れて一気に混ぜ合わせます。

久世日記-IMG_8046.jpg

アツアツの器の中で和え麺が出来上がります!!
正直ナッツが苦手なので少し苦しいところもありましたが、
麺とカレーと石焼のコラボは絶品!!
まだ他にもメニューがありますので
またいずれ訪れてこの日記に書き残したいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.