久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

豚骨中華そば がんたれ@和歌山県岩出市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
豚骨中華そば がんたれでございます!!

{B1BDA4A9-78B3-473A-B319-C0D13E1F63C9:01}

店舗情報

お店:豚骨中華そばがんたれ
場所:和歌山県岩出市溝川278-1
営業時間:11:00~15:00 18:00~21:00※土日は~22:00
※水木金の夜営業はつけ麺のみの提供
定休日:火曜日 月曜夜
久世のオススメ
特製濃厚中華 950円

スポンサーリンク

メニュー

2018年8月現在のメニューはこのようになっております。

濃厚中華そば

オープン直後以来、実に3年半ぶりの訪問になりました。
無鉄砲出身の方の独立店としてオープン当初から話題を呼び、
すでに和歌山県で確固たる地位を確立。
夜営業開始直後に訪問しましたが、長蛇の列になっていました。
待ち時間の間に注文メニューを熟慮し、今回も「濃厚中華そば」をチョイス。

着丼までは旨辛もやしをつまみながら待ちます。

そして到着した、超濃厚な一杯。
注文するときには、「普通な中華そばで十分な濃度です。
本当に大丈夫ですか?」と念を押されましたが、
ワタクシは10年間、週1無鉄砲生活を続けてきました。
当然、この濃度を求めての再訪問なのです。

トッピングには薄切りチャーシューと極太メンマ、
刻み玉ねぎに、ほうれん草、ネギというラインナップ。
ちょっと家系に近いトッピングなのが、またイイですよね!

一口スープを飲むと伝わってくる想像以上の濃厚さ。
ずっしりとした重みのある超濃厚豚骨に強めのカエシ。
それだけ聞くと、ただ濃いだけのスープのようですがそうではない。
いわゆる「ほんまもん」の豚骨を頂いているという感覚ですね!
色んな豚骨ラーメンを食べてきましたが、ここは間違いなくホンモノ。
無鉄砲からの踏襲はありつつ、独自の路線を突き詰めているのがイイですね!

そしてそのスープに負けない存在感を出すのが、
緩やかに力強く縮れが入った、極太の平打ち麺。
濃厚スープとの絡みも抜群で、結構なボリュームでありながら
スルスルと麺がなくなっていきました。

卓上には無料で海苔のトッピングが用意されていて、
海苔好きの僕にとってはかなり嬉しい変化でした。
これだけ旨い一杯だともう少し食べたいなという気持ちになりますが、
このお店は極太平打ち麺を使っているので「替え玉」がないんですね。
中太縮れ麺、もしくは細麺でもいいので、「大盛り」だけでない
「替え玉」の選択肢が増えると個人的には嬉しいのですが…。
いずれにせよ、距離があってもまた訪問したいと思わせる名店に違いありません。

スポンサーリンク

特製濃厚中華

※2015年1月の訪問ブログです。
2015年1月15日にオープンしたばかりのお店です。
Facebookで大変話題になっておりまして、
早速訪問してまいりました。
なぜそこまで話題になったのかと言うと、
無鉄砲で働かれていた方の独立店だからです。
赤迫代表も応援に来られていて、
本当に久しぶりにお話させて頂きました。
身体を鍛えられたということで
かなりシャープになられてましたね。
注文は、特製濃厚中華で。

{488F747D-5841-4A7E-947E-D0BC3F0FAC54:01}

なにやらどっさりとトッピングが入ったラーメンが到着。
ネギ、玉ねぎ、メンマ、ほうれん草、チャーシューのラインナップ。

{DF5A2BAB-A8E3-4647-BEFB-82B953600D61:01}

こちらのスープもやはり豚骨の粉が見えるほどの仕上がりになっております。

{201A8097-9B9C-4A85-8D39-36C8143EF07D:01}

特製のチャーシューはかなりの大ぶりでボリューム満点!!
一応2枚引っ張り出して撮影しましたが、もっと入っておりました。
メンマは穂先メンマを採用されております。

{41EFFFD6-4901-4D75-B6C6-7B7E0E60BF28:01}

麺は無鉄砲でのものではなく、
しゃばとんで使用されている太麺を採用。
スープがかなりしっかりしているので、
この麺が合いますね!!
まず無鉄砲と違うのは卓上のトッピング。

{B8A25ED9-E7B1-48D7-9301-C01CB20B387A:01}

激辛高菜はなく、一風堂のような辛いもやしと
刻み海苔がセットされておりました。
海苔はさておき、もやしはラーメンに入れるというより
ラーメン到着までつまんで待つという感じでしょうか?
無鉄砲の流れは間違いなく汲んでいるのですが、
細部は異なるラーメンとなっております。

和歌山ラーメンというご当地ラーメンがある中、
どのような存在感を見せてくれるのか今後が楽しみです。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.