久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

人類みな麺類@大阪市淀川区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

さて、今回ご紹介するお店は、
人類みな麺類でございます!!

{27FC8191-17B7-41CA-B806-F3054E67E4A6:01}

店舗情報

お店:人類みな麺類
場所:大阪府大阪市淀川区西中島1-12-15
営業時間:11:30~23:00※チャーシュー売り切れまで
定休日:なし※臨時休業などはfacebookページ
久世のオススメ
らーめんmacro 800円

スポンサーリンク

【人類みな麺類×Uber Eats】らーめんmacro

ふとUber Eatsを見ていると『人類みな麺類』の名が!!
僕の家は西中島南方からは遠いのにナゼ?と思っていたら、
新型コロナの影響で臨時休業中の難波にある系列店『ラーメン大戦争』が、
『人類みな麺類』のデリバリー拠点として営業中なんですね!
早速、一番人気の「らーめんmacro」を注文してみました。

スープと麺は別の器で到着。
スープを入れて麺をほぐし、トッピングを整えれば出来上がり。

箸袋がデリバリーでも『人類みな麺類』の雰囲気を演出。
こういう些細なことも大事ですよね!

スープから漂う貝の香りに、極太のメンマ、

そして、なんといっても存在感抜群の豚チャーシュー!!
スープは、醤油辛さはほとんど感じず、適度な油分が丸みと甘みを演出。
そのスープを貝の旨味が包み込むような仕上がりです。
デリバリー拠点から家が割と近い方なので温め直しませんでしたが、
やはり熱々に再加熱することで、その風味はより強くなったかも知れません。

麺はもっちりとした中太麺で、全粒粉も見えますね。
スープと麺が別容器、そして宅配が迅速だったのもあり、
麺の伸びはさほど気になりませんでした。
食べ終えてみて、さすがの人麺クオリティとボリュームに大満足!
最近店舗には行けていなかった中、思わぬ再会となりました!!

スポンサーリンク

らーめん原点

※2017年1月の再訪ブログです。
中津での仕事が思ったよりも早く終わり、
こちらの原点がどうしても気になっていたので再訪してまいりました。
開店直後で店前に20人ほどの行列。
極寒の中待っていたら、店員さんがミニカイロを持ってきてくれました。
こういう心配りで来て良かったなと思いますね。
30分ほど待って入店となりました。
相変わらずミスチルが流れ続ける店内で「らーめん原点」を注文。

こちらのお店はチャーシューとメンマを「厚」と「薄」から選びます。
以前の訪問ブログで「次は薄で注文する」と書きましたが、
やはりこのお店に来たら両方「厚」で頼むべきだと気づきました。

いつもの通り、写真を撮ろうと思ったら、
まずレンゲがオシャレなのでパシャリ。

そして、もの凄い分厚さのチャーシューを再確認。
下茹で、圧力鍋、蒸し器と3時間かけて作られるという、
手間暇が詰まったチャーシューです。

全粒粉の見える自家製麵はうどん粉を採用。
そしてしっかりと踏むことでコシを生み出しているそうです。

今回は追加で特選こだわり煮玉子を。
お値段が50円というのも嬉しいところです。
懐かしさを表現したという「原点」は、
鶏ガラと鰹と醤油の甘みが際立つスープに仕上げられておりました。
そして「macro」「原点」ともに、とにかく仕事が丁寧。
個人の好みとしては貝が際立つ「macro」なのですが、
ここは「micro」もしっかり押さえておきたいところ。
次回訪問時は「micro」で決まりです。

スポンサーリンク

らーめんmacro

※2015年2月の訪問ブログです。
常に行列があるという噂の名店。
いつかは行きたいとずっと思っておりましたが、
大阪市でも淀川を超えるのは一苦労で、やっと訪問できました。
訪れたのは閉店の14時直前。
なんとか1組待ちで滑り込みましたが、僕の後にも5組ほど並ばれました。

{8D6A4F79-21F7-447F-92AC-A05DE5B1D0BF:01}

まずは原点からかなとも思いましたが、よく見ると当店一番人気文字が!
迷わず、macroを注文いたしました!
それだけしか決めていなかったところ、
チャーシューとメンマを厚と薄から選べと言われ。
反射的に両方、厚で注文いたしました。

{3F1C449F-E02A-4CD7-B6DD-630F83FE61F6:01}

登場したのはとても美しく貝が香るラーメン。
そして注目はチャーシューとメンマ。
厚いと言っても…と思っておりましたが…

{66C90EC4-87A5-48F8-A546-C03E890C8BE4:01}

伝わりますかね??ものすごい分厚さのチャーシューです。
食べ応えはあるのですが、年齢的にキビシイ。
次回はチャーシューは薄、メンマは厚でいこうと思います。
チャーシューは薄にするとチャーシュー+煮卵になるそうです。
さて、お味でございます。
想像していたのよりはるかに上を行く味でした!
口の中に広がる貝の風味、
味が濃いわけでも薄いわけでもないまさにジャストの仕上がり。

{266872E7-22CB-4E96-9EA1-DBA51914A3FD:01}

麺は全粒粉のものを使用していて、スープとの相性も最高。
有名店になるとハードルが上がって、大したことないやんとなりがちですが、
そういう意味ではお見事でございました。
西中島南方は福島と同じくらい大阪のラーメ激戦区。
また他のお店を制覇したら訪れたいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.