久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

元祖岡山とりそば太田@岡山県岡山市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
元祖岡山とりそば太田でございます!!

店舗情報

お店:元祖岡山とりそば太田
場所:岡山県岡山市北区表町1-7-24
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日※祝日の場合は営業、火曜が休み・不定休
久世のおすすめ
とりそば 670円

スポンサーリンク

とりそば 玉子入り

春から水曜日に通うようになった岡山県。
岡山麺巡りでまず辿りついたのが
FM岡山からも近い「とりそば太田」さんでした。
2016年で創業15年を迎えた老舗と呼んでもいいお店です。
もともと和食屋を営んでいた時にシメとして出していたとりそば。
それが好評を呼び専門店として出店されたとのこと。

メニューを眺めて、まずは基本の「とりそば」から。
「とり玉そば」という選択肢もありましたが、
煮鶏の増量まではいらなかったので玉子入りで注文。

ほどなくして着丼。
和食店を営んでいたというのがよく伝わるビジュアルです。

煮鶏増しにしなくても
しっかりとした鶏チャーシューが4枚も。
そしてネギとゴマが目に入りますが、
よく見ると千切りキャベツが!!
様々な野菜を試した結果、
キャベツが1番とりそばと相性が良かったそうです。

スープは鶏ガラ、モミジ、丸鶏を組み合わせ、
香味野菜を加えた清湯スープに醤油ベースのカエシが加わります。

麺は和のテイストが強いスープに合わせて、
出雲蕎麦で使われている切刃を採用。
低加水の細麺で平打ちに仕上げられています。

あっさりでありながら深みを感じる一杯で、
鶏の旨味と天寧な仕事を堪能させてもらいました。

卓上には味に変化を加える様々な調味料がありましたが、
それを加えるのがもったいないと思えるほど上品なスープ。
また訪問したいお店です。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.