久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

田中の中華そば@大阪市西区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
田中の中華そばでございます!!

店舗情報

お店:田中の中華そば
場所:大阪府大阪市西区靫本町1-18-23
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
日祝は昼営業のみ
定休日:月曜日
久世のおすすめ
中華そば 800円

スポンサーリンク

今年の1月11日に本町と阿波座の間の
靭公園近くにオープンしたお店。
Googleマップを頼りに近くまで行きましたが、
あまりにもラーメン店ぽくない外観になかなか見つけられませんでした。

すりガラスにうっすらと見える屋号を見つけて、一安心。
でも店内が見えないので恐る恐る扉を開けることになりました。
店内にもしっかりお客さんがいて、
まるでBARのようなカウンターに案内されました。

メニュー

メニューを眺めて、中華そばと貝そばの2つに絞り、
店員さんに中心メニューを聞いて初回は「中華そば」を頂くことに。

中華そば

程なくして到着したのは、醤油色濃い中華そば。

トッピングは、写真を撮っているだけで徐々に熱が入っていくレアチャーシュー、
後は太めのメンマと白髪ネギ、三つ葉というシンプルラインナップ。

鶏ガラベースに甘めの醤油が存在感を出すスープは、
あっさりしているのにコクがあって、どこかを思い出す仕様に。
どこかというのを探っていくとたどり着くのは「人類みな麺類」。
聞くところによると、店主は「人類みな麺類」と「塩元帥」での経験を経て、
独立出店された方とのことでした。

そのスープに合わさるのは全粒粉の見えるやや平打ち麺。
スープ自体に存在感があるので、中華そばにしてはやや太めの麺も
スープとしっかり絡んでくれます。
気が付けば麺がなくなり、スープを飲み干してフィニッシュ。

お腹の具合と相談して中華そばのみにしましたが、
一杯を食べ終えて後悔したのが、ランチセットにしなかったこと。
ラーメン自体が800円なので、
チャーシュー丼が付いて950円のBセット、
から揚げ2個と白ご飯が付いて1000円のCセットは
なかなかのコストパフォーマンスになるのでは?
次回訪問の時は「貝そば」にどちらかのセットで挑みたいと思います。

近くには「ふく流らーめん轍」や「中華蕎麦 葛」もあり、
この近辺の競争はさらに激化しそうです。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.