久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

10周年の辛辛魚(からからうお)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

いつの間にか2月に突入し、節分が終了。
バレンタインまでちょうど1週間という谷間の2月7日。
実は2月に入ってから、ずっと気になって探していたものが…。
それはまさに、山崎まさよしの「One more time,One more chance」のように。

導入でかなり引っ張ってしまいましたが
何を探していたかというと、『辛辛魚』というカップ麺。

スポンサーリンク

何年か前に、たまたまコンビニで買って、
それから完全にトリコにされたものなのです。
この商品は大体2月くらいに発売されて約1ヶ月の限定販売。
冬になり年を越すと、そろそろ陳列されているんじゃないか?
と年を重ねるごとに発売を待っている自分がいるのです。

今年はまだかな?と思った数日前、
何となくTwitterで検索をかけて見るとすでに販売しているとのこと。
やはり、全国にはこの麺にハマり、
発売を待っていたファンがたくさんいるんですね。
そして今年は期間限定販売のこの麺が10周年を迎えたとのこと。
寿がきやさんの10周年特別ページはコチラです。
これを知ると居ても立っても居られず、
心斎橋近辺でよく行くファミマに行ったのですが…陳列はなし。
まだ関西エリアでは発売されていないのかな?と思いながら、
なんとなく諦められなかったので、そこから5店舗のファミマハシゴ。
そして、やっと見つけることが出来たのです。
おそらく在庫の問題で新商品入れ替えの時期は店舗ごとに違うのでしょう。

辛辛魚の魅力は、当然ながら辛いこと。
そして、辛いだけでなく旨味をしっかり感じること。
それを生み出すのは大量の唐辛子と魚粉。
豚骨ベースにラー油が加わり、さらに山盛りの香辛料。
これが他のカップ麺には類を見ない中毒性を生み出すんですよね。

麺は全粒粉入りの太麺で、平打ちの縮れ麺なので、
かなりよくスープと絡んでくれます。
一口飲んで、今年も変わりない辛さ、旨さを実感。
途中からは明確に身体から発汗。
たまたま韻を踏んでしまいましたが、
スープを飲み干すには相当な覚悟と経験値を要する一杯。

このクセになる麺を監修しているのは東京・練馬区にある
麺処 井の庄」というお店。
ここまで毎年のようにお世話になっていると、
いつかは、このお店にも絶対訪問したいところ。

さて序盤で「ファミマ」の名前を何度も出しましたが、
僕がいつもファミマで購入していただけで、
他のコンビニ、スーパーでも目撃情報はたくさんあるようです。
年を重ねるごとに販売店舗も増えていったのかも知れません。
Amazonでは箱買いが出来るようなので相当ハマった人は、
期間限定の時期以外にも買いだめをして楽しんでいるようです。

今年もおそらく2月中で販売期間が終わるこのカップ麺。
もう一度言いますが…相当…辛いです。
でも…旨いです…クセになります。
と…今回は自分がハマったカップ麺についてのブログでした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.