久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ぼっけゑラーメン@岡山県岡山市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
ぼっけゑラーメンでございます!!

店舗情報

お店:ぼっけゑラーメン
場所:岡山県岡山市北区下石井2-9-46
営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00
定休日:木曜日
久世のおすすめ
ぼっけゑコマ切れチャーシューメン 700円

スポンサーリンク

メニュー

2019年6月現在のメニューはこのようになっております。

ぼっけゑコマ切れチャーシューメン2019ver

水木・岡山生活が始まってから何度も再訪を考えていましたが、
一番訪問しやすい木曜日が定休日のため、早めに岡山についた水曜に訪問。
店内の雰囲気は変わらず活気であふれていました。
メニューを見ると前回訪問の時より20円だけ値上げされていますね。
注文は、前回と同じ「ぼっけゑコマ切れチャーシューメン」を。

注文後すぐに運ばれてくるのが食べ放題のキムチ。
ちょっとキムチをつまみながら着丼を待ちます。

このお店は独特の湯切で有名な店だった!
それが見える席に座るべきだった…という後悔もありながら着丼。
コマ切れチャーシューに、メンマとネギという、
他のお店ではなかなか見ないビジュアルがイイですね。

そしてこのコマ切れチャーシューが…細切れ過ぎですよね!
でもまたこれが「ぼっけゑ」流。
食べるというスープに混ぜることで楽しむチャーシューでしょうか。

そしてこちらがぼっけゑさんのスープ。
豚骨、鶏ガラから生み出されたスープはドロリというよりトロリ。
濃厚なんですが滑らかな口当たりなんです。
ただ…それをしっかり味わって飲み込んだ後で分かるズッシリ感。
スープの粘度よりも濃厚に感じますね。

麺は加水率低めの黄色い中細麺。
もっと太めの麺も合うと思いますが、
このしっかりとした歯触りの麺がやっぱり合いますね!
一回目に食べた時よりも、さらに美味しく感じました。
変わらない強さと、明るい接客。
長年続いているだけあって、独自さが際立ってました!
今度こそ…湯切りが見られる席に座ろう!!

スポンサーリンク

ぼっけゑコマ切れチャーシューメン2017ver

※2017年9月の訪問ブログです。
岡山駅から南へ徒歩で15分ほどのお店。
まず印象的な名前ですが「ぼっけぇ」というのは、
「とても」や「すごく」を意味する岡山弁の方言だそうです。
外観もとても印象的ですね。

メニューがあまりにも多岐に渡るので、
店員さんにおススメを聞いてみたところ、
「コマ切れチャーシューメン」という返答。
初回訪問の今回はそちらを注文することに。
無料でキムチが食べ放題のお店です。

なんとも味が濃厚そうな一杯が着丼。
ネギ以外は一面が茶色という感じですね。

そしてコマ切れのチャーシューを探ると……、
レンゲに現れた思ったよりも細かい細切れ。
いわば肉味噌のようにもなっているチャーシューでした。
一見、味噌スープにも見えますがこちらは別に味噌味があり、
濃厚な豚骨醤油のスープ。
予想通り濃厚なお味に仕上がっていますが、
サラリと飲み干せるクセになるスープでした。

そこに加わるのは濃厚スープに負けない
中太のストレート麺。
いい感じにスープをまとってくれる麺でした。
麺がなくなってももう一度すくってしまうこのスープ。
地元の人に愛される濃厚ラーメンでした。

あとで気付いたことですが、
こちらのお店は麺の湯切りがユニークだと
広く知られているようで、
今度訪れる時はその独特の湯切りにも注目です。
メニューがたくさんあるのでまた次回は別のものも。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.