久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

ダントツラーメン岡山一番店@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
ダントツラーメン岡山一番店でございます!!

店舗情報

お店:ダントツラーメン岡山一番店
場所:岡山県岡山市北区岩田町7-116
営業時間:平日 11:30~14:00 17:00~23:00
土日祝 11:30~15:00 17:00~20:00
定休日:なし
久世のおススメ
ラーメン並 640円

スポンサーリンク

メニュー

2018年8月現在のメニューはこのようになっております。

ラーメン 並

岡山に通い始めて1年4ヶ月が経ちましたが、
実に2011年以来、7年ぶりの訪問となりました。
二郎系にいくならニンニクもがっつり楽しみたいところですが、
仕事のことを考えると、なかなか選択肢に入れることが出来ませんでした。
今回は木曜オンエアが終わった大阪帰りの前に立ち寄りました。
店内に入ると10人以上の待ち客の方。
改めて、地元の方に愛されていることを確認しました。
注文は「ラーメン 並」をニンニクありのすべて普通で。

席に着くまで20分ほど、席について5分ほどで着丼。
到着したのは、これぞ二郎系というビジュアルの一杯。
野菜マシにしなくても太めのもやしがたっぷりと。

分厚くボリュームたっぷりのチャーシューが2枚。
他の二郎系と比べても、かなりハイクオリティーなチャーシューです。

醤油辛さの奥に少しの甘みも感じるスープには、
背油とにニンニクがしっかりと存在感を出していました。

麺はもちろん極太麺を採用。
自身のブログを読み返して納得しましたが、
やはりダントツさんの麺は他の二郎系と比べるとかなり柔らかめ。
この麺の柔らかさもダントツさんの特徴ですね。

麺を半分食べ進めたら卓上の一味を使って味変を。
久々の二郎系で食べきれるか不安でしたが、
並のすべて普通で注文するとその旨さであっという間の完食でした。

オリジナルの呪文を唱えるのも二郎系の楽しみの1つ。
次回は麺固め、ニンニク、アブラ増しで注文したいと思います。

スポンサーリンク

【移転前】ラーメン 小

※移転前、2011年7月の訪問ブログです。
仕事で訪れた岡山。
以前も別件の仕事で訪れたときに2件ほど行きました。

久世日記-IMG_0110.jpg

食べログで見てみると、1番人気になっていたのがこのお店。
以前はなかったお店ですね。
このお店はいわゆる次郎系ラーメンなんですね!!
昨年から関西でも何店舗も出店されている
ドカ盛太麺の岡山バージョンでございます。
結構な行列が出来ておりました!!

久世日記-IMG_1960.jpg

次郎系ラーメン店には必ずある注文の仕方。
皆さんさまざまな呪文を唱えておられましたが、
ワタクシはそんなに食欲もなかったので
小のすべて普通を選択。

久世日記-IMG_0188.jpg

それでもまあまあな量はあります!!
野菜は完全にもやしのみ。
ご時世的にキャベツはコストが合わないのでしょうか??

久世日記-IMG_6441.jpg

分厚いチャーシューもなかなかのお味です!!
他の関西の次郎系に比べると
まず麺がめちゃくちゃ柔らかい印象。
僕はやわらかめが好きなのですが
それでも少し柔らかいかも??と感じちゃいました。
あとはやはりスープの塩分が濃いですね。
これはこういう系統のラーメンでは当たり前ですが。
地元にあるとうれしいお店ですね!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.