久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

らーめん 弥七@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
らーめん弥七でございます!!

店舗情報

お店:らーめん 弥七
場所:大阪府大阪市北区豊崎3-4-8
営業時間:10:45~16:00(スープなくなり次第終了)
※混雑の時間は行列緩和のため整理券制です。
定休日:土日祝※不定休あり
久世おススメ
つけ麺 880円

スポンサーリンク

メニュー

2018年もメニューは変わらずでした。

醤油ラーメン&ヘタ飯2018ver

たまたま開店後すぐに店前を通る機会があり、
並ぶことなく入店できるようだったので迷わず入りました。
今回は久々に弥七さんの王道メニューをコンビで頼むことに。

ずっと変わらないスタイルのビジュアルというのは安心感がありますね!
チャーシューに青ネギ、白髪ネギ、糸唐辛子にデフォルトで半分煮卵が嬉しいところ。

スープは弥七ならではの甘みのある鶏白湯に、
魚介風味の醤油ダレが融合。
こってりしているわけではないのに
独特な丸みあるスープがやっぱりクセになりますね。

そこに絡んでいくのは少しの縮れを感じる、やや平打ちの中太麺。
そこまで尖った特徴があるわけではないのに、
平日のみのこの営業時間で行列が絶えないのは、それだけの完成度だからですね。
味、ビジュアル、営業時間を含めて変わらない強さを感じる一杯です。

そしてこちらがヘタめし。
もともとチャーシューの端っこという意味をもつ「ヘタ」。
それをフライパンでしっかりさらに焼き上げ、
タレをかけているのですからそりゃ旨いですよ。
そして、端っこというにはあまりに贅沢な肉量です。

「たまに行きたくなる」がずっと続くからこそ名店なのだな
というのがよく分かる贅沢セットでした。

スポンサーリンク

つけ麺2017ver

整理券制が採用されてから初めて弥七さんに訪問。
お昼営業は15時までのお店が多い中で、
ちょうど15時過ぎまで近くで仕事だったので
空いているだろう読んで立ち寄りました。
しかし人気店はそんなに甘くなく20分ほど並んでの入店。
変わらぬメニューの中から
2010年以来のつけ麺をチョイス。

まず着丼の時点で感じたのは
スープの色が以前より少し濃くなっていること。
そして一口食べて感じたのは
甘みが以前に比べて増していること。
やはり少しずつ変化していくものなんですね!

そしてこれは断言できないのですが、
僕が食べた時のものに比べると…麺が若干太くなったような…。
味が少し濃い目になった分、
麺も存在感を増したということですね。

そして最後のスープ割りは器を渡すスタイル。
ここでより強く弥七さんの鶏白湯を感じることに。
並び方も含めて少しずつ変化を感じた弥七さん。
お昼の営業終了時まで行列が絶えないところは
変わりませんでした。
また、15時から16時の間に近くを通れば!!

つけ麺

※2010年の訪問ブログです。
梅田近くで行列が絶えないお店!!
しかも営業は平日の11:00~16:00と、
「これを食べる!!」と決めておかないと食べれないお店。
なんと言っても「鶏白湯」なのです!!
15時40分に行きましたが、まだ行列が出来てました。
ワタクシが注文したのは、

久世日記

つけ麺 中盛!!!
鶏白湯ベースの濃厚スープ!!
ゴロっとしたチャーシューとマーユが入っております。
麺は中太麺で具は白髪ねぎとゆで卵でございます。
かなりクリーミーなスープなんですが、
それに負けないよう濃い目の味付けになっています。
ツルツルっと進みますよ!!
僕は前に入っていたお客さんを
ごぼう抜きで食べ終わりました。
そして最後はスープ割り!!
この店のスープ割りは感動です。
これがこの店のスープなんだ!!と再認識します。
鶏白湯全開です!!

スポンサーリンク

醤油ラーメン&ヘタ飯2012ver

※2012年12月再訪でございます。
店の前を通ることは何度もありましたが、
とにかく絶望的に行列があるので食べることは出来ませんでした。
上記のブログではなぜかつけ麺を食べていて、
1番スタンダードなラーメンをまだ食べていませんでした。
今回は13時20分という強烈な時間に並び、
1時間寒空の下で待ったあと入店でした。
注文は醤油ラーメンとヘタ飯でございます。

久世日記-IMG_6254.jpg

見た目も美しいスープ。

久世日記-IMG_5527.jpg

鶏白湯の濃厚さ、マッチングされた醤油。
濃厚なんだけど味が濃いわけではない。
繊細とワイルドのちょうどいいバランスな気がします。

久世日記-IMG_7437.jpg

麺は自家製の中太ストレート麺。
加水率は高めでチュルリという表現が1番適しているほど
すべり込んできます。
大ぶりのチャーシュー、煮玉子、白ネギのトッピング。
デフォルトで玉子までついているのは素敵ですね!!

久世日記-IMG_7666.jpg

そしてチャーシューの端っこを使ったご飯。
ヘタ飯!!
これも出される直前に鍋であおられて
肉の量もかなり多く絶妙な一品。
かなり並んでおりますが、
たまに行っておきたくなるお店ですね!!

スポンサーリンク

塩(しそ入り)ラーメン

※2013年5月の再訪でございます!!
そこまで並ばなくて良い時間を目指して
まだチャレンジしていないメニューを制覇しに。
塩(しそ入り)ラーメンを頂きましょう!!

久世日記-IMG_6430.jpg

つけ麺、醤油ラーメンと頂いた最後は塩ラーメン。
緑が印象的なのでイタリアン??と思いますが。

久世日記-IMG_3195.jpg

しそが刻まれたものが入っているんだそうでございます!!
鶏とフランスゲランド産海塩との相性はかなりのもの。
このお店は基本的に醤油や塩の味がきつくないことがヨロシ!!
有名店といえばかなり味が濃いところが多いですが、
ここは心底味わうという感じですね。

久世日記-IMG_2791.jpg

緑とスープと麺の絡み方もなかなか!!
醤油は醤油で良いのですがメニューの文字量が少ない割に
全然前に押し出していける塩ラーメンだと感じました!!
正直もう一回行ったらこれ頼みそうです!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.